2016/03/06

オフシーズン中のアマルフィ楽しみ方~前編(イタリア旅行4日目、アマルフィ1日目)

こんにちは、メロントマトです。
先日イタリアを、ナポリ~アマルフィ~ヴェネツィアと旅行してきましたが、アマルフィでの過ごし方を書いてみようかと思います。
オフシーズンでアマルフィ2泊3日したのですが、意外といろいろ楽しめました♡
むしろ2歳児連れには、オフシーズンがちょうどいいかもしれません✨


【アマルフィ1日目の流れ】

前日までナポリに宿泊していたので、この日は昼頃にナポリを経ち鉄道でナポリ→ソレントへ、そしてバスに乗り換えてアマルフィへという旅程。
夕方にはアマルフィに着いたので、少し町中を散策したり海辺からアマルフィの町並みを見たり買い物したり。
で、日が暮れてレストランで夕食。という流れ。

ナポリからアマルフィへ、鉄道とバスを使っての移動方法の詳細はこちらの記事をご覧ください☆
ナポリ~アマルフィ海岸の移動方法と注意事項など



【アマルフィ・バスの旅】

まずはソレントからアマルフィへ向かうバスの中からの景色。
断崖絶壁の山肌を縫うようにしてバスは走っていきます。ソレントからアマルフィに向かう場合は、進行方向右側が海。



ちなみにナポリ、ソレント、アマルフィの位置関係はこちら。



ソレントからアマルフィのバスの旅は、この地図の青い線の部分です。
地図上では簡易的に直線になっていますが、実際は本当に海岸沿いを走ります。

海岸沿いといっても、切り立った崖の中腹を縫うようにして走っていくので、かなり揺さぶられ、きわどいカーヴではこのまま海に落ちるのではないかという恐怖感に駆られながら景色を楽しむことになります。



来た道を振り返るとほんとに崖。
これがずーっと、1時間40分続きます。
油断してると酔います(笑)。

乗ったバスはこちら、赤いバス。(ちなみにアマルフィから帰りの、アマルフィ→サレルノのバスは青い色でした)



バスの中はこんなかんじ。



席に余裕があって絶対座れるのはオフシーズンならでは。
これがオンシーズンだとほぼ立ちっぱなしになるんだとか。相当キツそうです…。


さて、揺られること1時間40分。アマルフィに到着です。


【アマルフィ1日目の散策】

日暮れどきのアマルフィ海岸からの眺めです。


写真1-1:一番オーソドックスなアマルフィ海岸の景色


写真1-2:アマルフィ海岸から西方向の景色


写真1-3:アマルフィの町を海側から正面に捉えた景色

とにかく、険しい環境に家を増築していった土地なので、海岸から山に向かって急斜面に家々がそびえたっています。
このような地形は、内陸のパリでは全く見る機会が無いですね。

上記3枚の写真は、アマルフィ海岸から突き出た場所(黄色のポイント)から撮ったものです。



写真1-1がオレンジの線で、一番オーソドックスなアマルフィ海岸の景色、
写真1-2がピンクの線で、アマルフィ海岸から西方向の景色、
写真1-3が青い線で、アマルフィの町を海側から正面に捉えた景色です。
ほかにもいくつか線がありますが、これは翌日撮ったものなので、次の記事にアップします。


さて、上の写真はアマルフィに着いてしばらくしてから撮った写真なので、日が暮れかかっています。
着いた当初はまだ日があったので、明るいうちに少しアマルフィの町を歩いてみました。


アマルフィの町の中心部である広場は、海岸沿いの道路からすぐ近く、数10m内陸側に入ったところにあります。



ほら、この奥にすぐ海が見えますね。

反対側を見てみると、



この奥に、ロレンツォ・ダマルフィ通り(Via Lorenzo D'Amalfi)という、アマルフィの町の一番大きな通りが続いています。



といっても、意外と道幅は狭く、車やバイクも頻繁に通り抜けるので注意が必要です。

通りの両側にはお店が並んでいます。

いかにもーな貝殻を扱ったショップや、



…と思ったら、個人的にはけっこう気になるモノも(笑)、




イタリアだからか革製品のお店も多いのですが、
とあるベルト屋さんでは、



店内のベルトよりもショーウィンドウにある動物たちに見入ってしまいました。かわいいの。

ここのベルト屋さんではバッグも売られており、こんなにきれいにたためるものも!!



上段に掛けられている、一見なんだかよく分からない布製のものは、広げると手前にバッグの形になります。
すごい。
ていうか、これがために(?)内ポケットは全く付いておらず、購入はしませんでしたが。

ほかにもバッグのお店はたくさん。



かなり心惹かれるも、いまちょっとお高いバッグ一点狙いのため、購入はせず。


あとあと、気になるこちらの小物。



キーホルダー。
本結び、男結び、あやつなぎなど、色々な結び方がなされていて、装飾としても素敵。
夫、一本お買い上げー。

ほかにも、定規。



上の曲率が、大学時代に製図で使った雲形定規を想起させてしまいました。


また、写真がありませんが麻の生地を扱った洋服屋さんも。
ここで麻のシャツを購入。
75€のところ、値引き交渉したら現金なら60よ、となって、支払おうとしたら55€しかなく…
結局55€で購入できました♡

こんな値引きもオフシーズンならではでしょうか。


また別のお店では、子供服が安くなっていたので、そちらも購入。

そうそう、オフシーズン中はお店が休みのところも多いです。
でも、曜日によっては開いていたり。一日おきに営業していたり。
1泊以上すれば割と買い物できます。


買い物しつつ道を歩いていると、



これ、口から出ている水、飲めます。



下には鯉も泳いでいます。


また、観光客向けのお店だけでなく、地元の人が利用しているスーパーもあります。



ここで子どものおやつ用に洋なし、リンゴ、オレンジなどを購入。
食べ物だけでなく日用品も揃っているので便利。


さて、広場に戻って、



ここにも水飲み場が。ちょっと暗くて分かりにくいんだけど、写真中央がそれです。


そして、広場の目の前にどーん!と位置するのがアマルフィのドゥオモ(Amalfi Cathedral)。ドゥオモって大聖堂のこと。



先に言っちゃうと、このドゥオモのてっぺんの外壁はハリボテ(笑)。
でもね、中はとってもゴージャス!
写真撮影禁止だったので、外側の入口~通路のみ撮ったものを。







ドゥオモの左横の建物は通路がつながっていて、その先にあるのは「天国の回廊」
この日はもう日暮れどきだったので、翌日見ることに。(後編に書きます)

それから、一番最初の写真にある海岸沿いをお散歩。
もう一回写真載せてしまえっっ♪

fc2blog_201603060414167cc.jpg


さて、ここで夕食前にいったんホテルに戻りました。
オフシーズンなので閉まっているレストランも多々ある中、宿泊先のオーナーにオススメを聞いて行くことに。

とにかく海沿いなので、ふんだんに海の幸を使った料理をいただきました♡♡



→詳しいレストラン情報はこちらに書いてあります。
イタリア・アマルフィのレストラン情報1


さて、翌日はアマルフィ歩き倒しの日。
迷い迷って絶景ポイントも巡りました。
後編に続く。


~*~*~*~*~*~
ブログランキング参加しています。それぞれ押してもらえると嬉しいです☆
ブログランキング・にほんブログ村へ(にほんブログ村に参加しています)
(人気ブログランキングにも参加しています)
(こちらはfc2のランキングです)
~*~*~*~*~*~





関連記事

コメント

非公開コメント