2016/03/03

ヴェネツィア観光~本島編 (イタリア旅行7日目)

こんにちは、メロントマトです。
引き続きイタリア旅行の話を。先日はヴェネツィアの離島、ムラーノ島とブラーノ島について書きましたが(→詳しくはこちらの記事にて)、今日はヴェネツィア本島についてです。


ヴェネツィアは「水の都」と言われる通り、島内には運河が縦横に走っています。
その中でも一番大きな運河が、島内を逆S字に流れるカナル・グランデ(Canal Grande)。



全長約3kmにおよびますが、この間の橋は4つのみ。



このため、島内を移動する際には徒歩と水上バスをうまく組み合わせる必要があります(島内は自動車、自転車の乗り入れ禁止)。


さて、この日の私のスケジュールは、
ヴェネツィア本島の地理的中心部サン・ポーロ(San Polo)エリアで友達と会ってランチ~その後本島で一番(?)賑わっているサン・マルコ(San Marco)広場のほうまで歩いて観光、という流れ。

宿泊先のホテルは、ヴェネツィア本島の北のほうにあるカンナレージョ(Cannaregio)というエリアだったので、北~南まで歩き倒すことになりました。


カナル・グランデにかかる橋は4つだけですが、島内に運河は小さいものも含めてたくさんあり、橋は全部で400もあるそうです。

この日も歩いていると、いくつもの橋を渡ることになりました。





橋は階段状になっているので、ベビーカー持ちの子連れにはかなりキツそうです。(1コなら大したことないけれど、これが道を歩いているとたくさん行き当たる)


で、ランチは楽しすぎて写真撮ることも忘れておりました(笑)。

サン・ポーロでのランチを終えて、サン・マルコに移動するのにぷらぷら歩いていると、カナル・グランデに行き当たりました。対岸はサン・マルコ!

そこに停泊中の船の上に、なにやらたくさんの鳥が。



よく見ると、なにか咥えている!



カニ!!



このあと、カニの奪い合いとなり、最終的にこの写真の鳥が大部分を食べることができていました。
動画に切り替えたので写真はありませんが、ほぼ丸のみする様を間近で見ることができて、とっても楽しかったです。
ほかの観光客も集まってきて、ちょっとしたショーになっていました。


で、対岸のサン・マルコのほうに行くには橋を渡らなければなりません。



この写真に見える橋が、リアルト橋(Ponte di Rialto)。
別名「白い巨象」とも呼ばれ、橋の上にはアーケードがあります。



わーわー、こちらもベビーカー連れにはキツそう。

もちろん下りも階段が続いています。



橋の上とは思えないほど商店が並んでいます。

この途中に子どもが吸い寄せられたのがこちら。







ここから頑として動かず20分…
まぁそうなるわよね(笑)

ヘリコプターもぶら下がってるし。



えーとえーと買う気は無いけど寒いので店内に。

そしたら、



フェアトレードのお店でした。

おもちゃは買わなかったけれど、クッキーを購入。
これなら翌日の飛行機移動中のおやつにもなるし、と。


明日飛行機に乗ったら食べよーねって子どもと話してご機嫌でしばらく歩いていると、可愛らしい雑貨屋さんを発見。







うわ~こんな面白くてカラフルで可愛いキッチンツールなんて、いま住んでいるパリではお目にかかれないわ~

…と思っていたら、このお店、パリ発祥でした(笑)←帰国後に知った。


さて、その後も細い道をくねくね行って、
いくつも橋を渡り、



こんな細い水路も観光客向けの船(ゴンドラ)が通っています。



ここにも愛の南京錠かしら。
世界中いたるところで見るわ(笑)


で、行き着いた先が、サン・マルコ広場



左手に見えるのがサン・マルコ寺院(Basilica di San Marco)。



この建物に入って5€だか支払うと、上の階に行けます。
(右の塔は鐘楼Campanile di San Marco。こちらは8€で上に行ける)

外を見ることもできます。



ちょっと斜面になっていてでこぼこも多いので、子連れ的には注意が必要。

でも下からではよく分からなかった装飾も近くでよく見ることができます。



(ちなみに寺院内にも様々な展示があって楽しめます。撮影禁止です)

そしてサンマルコ寺院からサンマルコ広場を見下ろすと、



この左側の建物にはヴェネツィア最古のカフェ「フローリアン」(Caffè Florian)が入っています。
これね。



1720年(18世紀!)に創業。世界的にも最古の部類に入るとか。
お高いらしいです(笑)。子連れで入ってもくつろげないなら意味ないかな、と思って中には入りませんでした。

そしてサンマルコ寺院から広場を見て右側(北方面)には、「ムーア人の時計塔」があります。



よく見ると、青地の文字盤がキレイ。写真だとよく分からないかもしれませんが。


ちなみにサンマルコ広場の位置はこちら。



ヴェネツィア本島の南側。カナル・グランデというよりもはや海に面しています。

こちらの写真はサンマルコ寺院から南方面(海側)を撮ったもの。



この写真の左手に見える建物がドゥカーレ宮殿(Plazzo Ducale)です。
現在は美術館になっていますが、昔はヴェネツィア共和国の総督邸兼政庁でした。

さらにその裏には、ため息の橋



ドゥカーレ宮殿(左)の尋問室と元牢獄(右)を結んでいる橋です。



たしかに右側の建物は牢獄っぽい造り。
ここも中を見学することができます。


さて、一通り中心部を歩いたあと、ホテルに戻る道すがら目に付いたのが、仮面!!



やっっすいものから高いものまで。



いやー、さすがヴェネツィアっぽい。



子どもは若干怖がってましたが(笑)



世界三大カーニバルでもあるヴェネツィアの仮装カーニバル。一度行ってみたいものです。


翌日の旅行最終日は、ムラーノ島とブラーノ島というヴェネツィア離島に行って参りました。
詳細は以下の記事にまとめています☆

ヴェネツィア観光~離島編:ムラーノ島&ブラーノ島(イタリア旅行8日目最終日)


ではまた~!

~*~*~*~*~*~
ブログランキング参加しています。それぞれ押してもらえると嬉しいです☆
ブログランキング・にほんブログ村へ(にほんブログ村に参加しています)
(人気ブログランキングにも参加しています)
(こちらはfc2のランキングです)
~*~*~*~*~*~





関連記事

コメント

非公開コメント