2016/04/10

パリで日本庭園を散策するなら☆アルベールカーン庭園~Albert Kahn~

こんにちは、メロントマトです。
今日はパリ市のちょっと西にあるBoulogne-Billancourt(ブローニュ・ビヤンクール)エリアにある庭園のご紹介です。
ここには日本庭園があり、しかも日本国外での日本庭園としては最も伝統に忠実な造りとのこと、必見です!
そのほかにも、フランス式庭園、イギリス式庭園、アメリカ・北アフリカの自然を再現した森など世界中の庭園・自然が凝集されていますよ~。


~アルベール・カーン庭園とは~

「アルベール・カーン」はフランス人実業家の名前です。彼は19世紀後半に南アフリカの金鉱とダイヤモンド鉱への投機があたり、自身の銀行を設立。その後、日本の経済発展に着目してヨーロッパ市場向けの日本国債の発行を始め、成功をおさめた人物です。
ゆえに日本とは縁が深く、明治時代の財界人や皇族とも交流があり、実際に日本を訪れたこともあるそうで。

そんな彼が当時住んでいた自宅の庭を改造し始めたのが現在のアルベール・カーン庭園

私有地であった庭園がなぜ現在公開されているかというと、実は1929年の世界恐慌のあと彼は破産し、私財はすべて差し押さえられたのです。その際、庭園もセーヌ県が買い取り公園となりました。

20世紀後半に庭園が修復された際、造園家の高野文彰氏が現代風日本庭園を設計し、それが今のアルベールカーン庭園を代表する日本庭園となっています。

また、アルベール・カーン美術館も庭園に併設されており、カラー写真手法のコレクションや白黒フィルム、世界各地の映像を見ることができます。

庭園および美術館は有料です。
大人:4ユーロ(年パス20ユーロ)
12歳以下:無料
毎月最初の日曜日は無料開放されます。

庭園および美術館ともに、中では食事不可です。



~アルベール・カーン庭園行ってみた~

まず驚いたのはこちらの桜!




庭園の入り口近くに見事な桜の木があります。(この日は3月下旬でしたが、もう咲いていました)
こちら、入り口から入る前なので、料金を払わなくても見に来れます♡

そして4ユーロ払って中に入ると、、、



日本庭園!!



澄んだ水面には空がくっきりと映り、ときどき鯉が泳いで揺らぐのもまた風靡。


池には石や木の板が配置されており、こちらも歩ける造り。



景色を大人ほどには楽しめない子どもも、こういう遊びがあると楽しめますね。石の上はちょっとヒヤっとしましたが。




そしてその先には、これまた日本庭園を代表する代物と言っても良い、橋が掛けられています。



ちなみにこのとき我が子は、必死に橋の下にワニがいないか探していまいた…

訪れたのは3月下旬、サマータイムも始まり日に日に暖かくなってきた頃です。
まだ寒い日もあるけれど、この日は日差しが強く、まさに散策日和となりました。



春の訪れを感じます。



また、茶室も備わった日本家屋もあり、この奥には伝統的な庭園もあるそうです。



残念なことに修復中のため中に入ることはできませんでした。


実は上で紹介してきた日本庭園は”現代的な日本庭園”で、20世紀後半に行われた庭園修復の際に、現代造園家の高野文彰氏がアルベール・カーンへのオマージュとして作庭したものです。

アルベール・カーンが作庭した日本庭園は、現在修復中の日本家屋そばにある”伝統的な日本庭園”。
今回見ることは叶いませんでしたが、修復完了ののち、改めて見に来たいと思います。


さて、アルベール・カーン庭園では、日本庭園以外にも世界中の庭園・森を楽しむことができます。

こちらはイギリス式庭園。



あまり手を入れずに自然を生かした造りです。

その隣にはフランス式庭園。



その奥には温室があるのですが、こちらも改装中のようで入れませんでした。

更に奥に進むと、そこはもはや庭園ではなく森になります。



秋になれば、このあたり一帯が黄色く染まるそうですよ。

秋に比べればいまはまだ寂しく見えますが、森の間にある草地に咲く黄色い花は、春の訪れを感じさせます。





庭園の散策を終え、出口に向かったところで、併設されている美術館も少し見て回りました。



館内は、アルベール・カーンの生涯を解説したものや、世界各地の映像が流されていたり。



日本はと言うと、



いかにも?な外国人のイメージですかね。

フィルムの上映も行われます。




最後は子どもが飽き始めて駆け足になってしまったのですが、ぜひまた訪れてみたい庭園&美術館でした!

※館内および庭園は食事禁止されていますので、残念ながらピクニックなどはできません(涙)


~アクセス~

住所:10-14 Rue du Port、92100 Boulogne-Billancourt France


メトロ:10番線Boulogne - Pont de Saint-Cloudから徒歩3分
("Porte de Saint-Cloud"という別の駅が9番線にありますが、こちらは2kmほど離れている別の駅ですのでご注意を!最寄り駅は駅名の最初に"Boulogne"が付きます。)
バス:
Pont de Saint-Cloud-Albert Kahn(52, 72, 126, 160, 175, 467番)から徒歩5分
Rhin et Danube-Metro.(52, 72, 126, 160, 175, 467番)から徒歩5分


ではまた~!

~*~*~*~*~*~
ブログランキング参加しています。それぞれ押してもらえると嬉しいです☆
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ(にほんブログ村に参加しています)
(人気ブログランキングにも参加しています)
(こちらはfc2のランキングです)
~*~*~*~*~*~



関連記事

コメント

非公開コメント