2016/05/13

フランス語~基本動詞の活用形~語尾が"-er"編

こんにちは、メロントマトです。今日はフラ語のお話。
といっても、私が勉強しているフランス語を復習がてらブログにしているだけなので、あんまり期待しないでくださいww

フランス語は、主語によって動詞が変化します(活用)。その変化の仕方は、動詞の語尾によってある程度パターン化されています。
今日はその中でも、本ブログカテゴリ「フランス語基本動詞の活用形」の初回として、まず一番メジャーな"er"で終わる超基本動詞を整理してみました。

※先日投稿したこちらの記事の中で、一部éとèの表記が入り乱れておりましたので、訂正しました。
(écouterの説明にて、途中からècouterとなっておりました)
ご指摘くださった方、ありがとうございます。


間違った情報を配信してしまったミスを反省しつつも、このように復習がてら記事にしたところ間違いを指摘してくださる方がいて、大変勉強になりました!
このブログを読んでいただいている方の中で、「これは変だな」とか「こういう場合もあるよ」などありましたら、コメントいただけると嬉しいです☆もちろん間違いのないよう、気を付けていきたいと思います!!



~○○er動詞の活用形(現在)~

語尾が"er"で終わる動詞は、一般的に以下のような活用になります。
ここでは"○○er"と表記しています。

"○○er" 動詞の活用形(現在)
Je(私)○○e         
Tu(あなた)○○es
il / elle(彼・彼女)○○e
Nous(私たち)○○ons
Vous(あなたたち)○○ez
ils / elles(彼ら・彼女ら)○○ent




~*~*~*~*~*~*~*~*

ここで、主語についておさらい。

人称代名詞
第一人称単数(私)Jeジュ
第二人称単数(あなた)Tuテュ
第三人称単数(彼・彼女)il / elleイル / エル
第一人称複数(私たち)Nous
第二人称複数(あなたたち)Vous
第三人称複数(彼ら・彼女ら)ils / ellesイル / エル


ここで気付くと思いますが、フランス語は英語と違って、語尾のsは発音しません。
sだけでなくほかの子音の場合でも、「子音+母音」のセットでないと基本発音しません。

~*~*~*~*~*~*~*~*


では、"-er"で終わる基本動詞を下に挙げて行きます。



~"-er"で終わる基本動詞まとめ~

Parler (話す)
Jeparleジュ パール
Tuparlesテュ パール
il / elleparleイル/ エル パール
Nousparlonsヌ パーロン
Vousparlezヴ パーレ
ils / ellesparlentイル / エル パール


右にカタカナ表記していますが、あくまで参考までに。
フランス語に精通されている方にとっては、邪道かもしれませんが(笑)、当方、英語の発音でどうしても読んでしまいがちで相当苦労した(している)ので、全然違う読みよりはマシかな、という思いでカタカナも載せました。

ちなみに"r"は、ラ行というよりもどちらかというとハ行に近いかもしれません。

Je parle(私は話す)で、「ジュパー」と「ジュパー」の間くらい。
ルとフの中間ってどゆこと???と思われる方もいるかもしれませんが、
舌を下の前歯の裏側にくっつけて、喉から無声音を絞り出すようなかんじです。(あくまで私の理解ではw)


Regarder (見る)
Jeregardeジュ レガルドゥ
Turegardesテュ レガルドゥ
il / elleregardeイル / エル レガルドゥ
Nousregardonsヌ レガルドン
Vousregardezヴ レガルデ
ils / ellesregardentイル / エル レガルドゥ


こちらも、
Je regarde(私は見る)で、「ジュレガルドゥ」と「ジュヘガフドゥ」の中間のような発音です。

とにかく"r"が出て来たら、舌を下の前歯の裏側にくっつけて、喉を痛めるような発音で!(合ってます??💦)



どんどん行きまーす!

Écouter(聞く)
J'écouteジェクートゥ
Tuécoutesテュ エクートゥ
il / elleécouteクートゥ / エクートゥ
Nousécoutonsクートン
Vousécoutezクーテ
ils / ellesécoutentイルクートゥ / エルクートゥ


さて。このécouterという単語で学べることが3つあります!!

1. éという文字
まずは、フラ語初心者としては見慣れないéという文字から。
これは"e accent aigu"(アクサン・テギュ)と言い、普通のeとは異なります。発音も違います。

フランス語のアルファベットでは、eは「イー」ではなく「ウ」と発音します。
そして、単語中にeが出てきたときも「ウ」音便になります。

たとえば、さっきから使ってる第一人称単数、私の意の「Je」。
これは「ジェ」ではなく「ジュ」となります。ね、ウ音便になってるでしょ。

また、「見る」っていう意味の「regarder」。これもさっき提示したけど、「Je regarde」は「ジュ レガルドゥ」。最後が「デ」じゃなくて「ドゥ」になっています。
ここで、じゃあregardeのreの部分はなんでルじゃなくてレなんだ?というツッコミが入るかもしれません。
うん…まぁレとルの間くらいの発音のようです。

対して、éの場合は、「エ」と発音します。こっちのほうが、英語のeに近いかもね。


2. エリジオンという現象
フランス語では、代名詞や冠詞のあとに続く単語の先頭がeもしくはhの場合、こんなことが起きます。

Je écoute → J'écoute

この場合、Jeという代名詞のあとにéから始まるécouteという動詞が続いているので、Jeのeが省略されています。

エリジオンのほかの例としては、
Ce est → C'est (英語でいうとCeがThis, estがis. Ceという代名詞のあと、eから始まるestが続くので、エリジオンが起きます。)
la orange → l'orange (英語でいうとthe orangeのこと。laという冠詞のあと、oから始まるorangeが続いて、エリジオンが起きています。)


3. リエゾンという現象
代名詞のあとに続く動詞が母音から始まっている場合、連音という現象が起きます。

たとえば。
il écoute(彼は聞く)だと、「イレクートゥ」。「イル・エクートゥ」とは読みません。
ilのlと、écouteのéがくっついて、"レ"と発音されるのです。

また、
Nous écoutonsは、「ヌゼクートン」。「ヌ・エクートン」ではありません。
同様に、
Vous écountezは、「ヴゼクーテ」。「ヴ・エクーテ」ではありません。

ちなみに先ほどéは"e accent aigu"(アクサン・テギュ)と言いましたが、これもaccentの語尾tとaiguのaがリエゾンになっていますね。
(※単数名詞に形容詞が続く場合は普通リエゾンが起きないのですが、これは例外です)



さて、話を戻して、"-er"で終わる動詞の活用形の紹介を続けます。

Étudier(勉強する)
J'étudie ジェトゥディ
Tuétudies テュ エトゥディ
il / elleétudieトゥディ / エトゥディ
Nousétudionsトゥディオン
Vousétudiezトゥディエ
ils / ellesétudientイルトゥディ / エルトゥディ

こちらも先ほどのécouter同様、エリジオンリエゾンの現象が起きていますね。


まだまだ続きます。

Travailler(仕事する)
Jetravailleジュ トラヴァーユ
Tutravaillesテュ トラヴァーユ
il / elletravailleイル / エル トラヴァーユ
Noustravaillonsヌ トラヴァーヨン
Voustravaillezヴ トラヴァイエ
ils / ellestravaillentイル / エル トラヴァーユ


Achèter(買う)
J'achèteジャストゥ
Tuachètesテュ アシュトゥ
il / elleachèteイラシュトゥ / エラシュトゥ
Nousachetonsヌザシュトン
Vousachetezヴザシュテ
ils / ellesachètentイルザシュトゥ / エルザシュトゥ


ここで要注意!
Achèterのèは、主語がNousとVousのときのみ、èではなくeとなります。

同じように、eのアクセントが活用で消える動詞はほかにもいくつかあります。
これはまた別の記事にまとめますね!



ではまた~!


~*~*~*~*~*~
ブログランキング参加しています。それぞれ押してもらえると嬉しいです☆
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ(にほんブログ村に参加しています)
(人気ブログランキングにも参加しています)
(こちらはfc2のランキングです)
~*~*~*~*~*~



コメント

非公開コメント

No title

アクセントがアクサングラーブとアクサンテギュとごっちゃになっている
ところが散見されます。

もう一度確認されたほうがよろしいですね。

Re: No title

フランス在住者さま
ご指摘ありがとうございます!途中からécouterのéがèになっていましたね。
èをアクサングラーブ、éをアクサンテギュと言うのですね。それすら知らず、勉強になりました!