2016/05/18

全仏オープン情報その3☆詳細情報発信中~子どものチケットは必要?赤ちゃんも入れるの?会場内でご飯買える?などなど気になる点にお答えします!~

こんにちは、メロントマトです。
前回までの全仏オープン情報その1およびその2では、それぞれチケットの購入方法と受け取り方について説明してきましたが、いよいよ気になる全仏オープンの会場について!!詳細をご説明します~!
何歳から有料なのか、とか、子連れでもOKなのか?会場持ち込み禁止のものは?飲食はどうする?などなど、細かな情報も書いていきますね~。


1.会場へのアクセス

まずここからご説明しましょう。ご存知の方はすっ飛ばしてくださいませ~。

全仏オープンの会場であるRoland-Garros(ローランギャロス)は、パリの南西部にあります。

住所:Boulevard d'Auteuil 75016 Paris


最寄り駅は、メトロ10番線Porte d'Auteuilもしくは9, 10番線Michel-Ange-Molitorです。
どちらも駅から会場までは約1km程度。道幅は広く平坦なため、ベビーカーも押しやすいですよ。

駅と会場あたりを拡大してみると、こちら。赤で囲ってあるのが会場です。

fc2blog_20160519100917c17.jpg

ピンクはPorte d'Auteuil駅、青はMichel-Ange-Molitor駅です。点線が駅から会場までの道のりです。これなら迷わなそうですよね。

ちなみに途中にある緑色の部分、Jardins des Serres d'Auteuilはオートゥイユ温室庭園です。温室の熱帯植物のほか、鯉が泳いでいたり、温室の外には日本庭園やイギリス風庭園なんてものもありますよ~。詳しくはこちら

で、さらに会場付近を拡大してみます。

fc2blog_2016051909341701c.jpg

予選の今は、Gate Lという場所が会場入り口となっています(上の画像のカラフルな星マークのところ)。
また、ベビーカーなどを預けるクローク(※2で後述します)は、黄色の星マークで示しています。

さて、このGate Lに入る前に荷物検査が行われており、列ができています(上の画像のオレンジの点線部分ね)。初日の昼ごろ行ったときは10分以上待った気がします。

でもでも、青い点線のほうはだーれもいませんでした。(こちら側でも荷物検査の係員いるんですよ。)

というのも、みなさん最寄り駅から来ているので、この地図で言うと右側から左へと人の流れが出来ています。そこでオレンジ部分が混むわけですね。

というわけで、できるだけ並ばずにスムーズに会場に入りたければ、少し遠回りになっちゃうけど、こんなふうにピンクの点線で、

fc2blog_201605190934089be.jpg

ぐるっと来ちゃえばOKです!
最寄り駅から行く際は、道路の左側の歩道をまっすぐ進み、道路を渡って(ゲートの先に信号あります)戻ってくれば、待つことなくスムーズに入れます。
おまけにクロークも寄れます(預ける必要のある場合は)。

右側の歩道は、柵が出来ていて容易に左側へ行けないようになっているので、もしこの方法をとる場合は、最寄り駅から向かっている途中であらかじめ左側へ移動しておいてください。



2.会場内持ち込み禁止のもの

fc2blog_20160518185705614.jpg

拳銃、刃物、爆竹系は当然ですが、知らない人も多いだろうなというものを列挙していきますね。
下記のものは会場には持ち込むことができません。
・ベビーカー
・15リットル以上の大きさのバッグ、トランクなどの大きな荷物
・カメラの脚立
・缶
・自転車
・犬

個人的にはベビーカーと缶が意外でした。
ベビーカーは会場内には持ち込めないので、小さいお子さん連れの場合は抱っこ紐など用意してきたほうが良いです。
ちなみに缶って、スプレー缶だけじゃないのですよ。コーラなどの飲料缶も持ち込み禁止です。


ただし、持ち込み禁止のものは、会場の外で預かってもらうことができます。
缶などの小さなものの預け場所と、ベビーカーなど大きな荷物の預け場所は異なります。

小さなものの預け場所:Gate Lです。
そもそも会場への入り口がゲートLなので、そこを目指していって、荷物検査を受けて、「これは持ち込みダメ」と言われたら、その場で預けることができる、という仕組み。
預けるものにはシールが貼られ、そのシールに書かれている番号と同じ番号の紙を渡されます。
これを帰るときに提示すれば、返却してもらえます。

Gate Lは、オートゥイユ通り沿い(Boulevard d'Auteuil)にあります。
メトロ10番線、Porte d'Auteuil駅から来る場合は、ミュラ通り(Boulevard Murat)をまっすぐ南下して(200mくらい)次の交差点を右に曲がれば、もうオートゥイユ通り。そこをずっとまっすぐ700mくらい行った先にあります。


大きな荷物の預け場所:
Gate Lよりも西側に簡易クロークが設営されています。これも同じくオートゥイユ通り(Boulevard d'Auteuil)沿い。
従い、メトロ10番線Porte d'Auteuil駅から向かう場合は、Gate Lを通り過ぎた先にあります。

fc2blog_2016051818594662c.jpg


ちなみに細かい話だけれどね、Gate Lの手前では荷物検査でめちゃくちゃ行列ができています。ここをじっと待って検査を受けてから「あっちに預けてきなさい」と言われてクロークに向かって再度荷物検査を受けるのは時間のムダなので、最初荷物検査の列には並ばずに直接クロークに向かったほうが早いです。
そのためには、オートゥイユ通りを西に向かう際、道の左側の歩道を行くことをおすすめします。(右側がローランギャロス入口で混んでいるため)



3.赤ちゃん連れOK?子どもは何歳から有料か??

結論から言えば、赤ちゃん連れOKです。
チケットの値段は、メインコートか外コートかによって変わってきます。

…とその前に、メインコート?外コート???という方のために、簡単に説明すると、
会場内には大きなコートが3つ(Court Number1とCourt Philippe-Chatrier, Court Suzanne-Lenglen)あります。これらをメインコートと言います。
メインコートは、事前に席を指定したチケットが必要となります。

対して、外コートというのは、3つのメインコートには入ることはできませんが、会場内にはほかにもたくさんのコートがあり、自由に見て回れます。全仏オープン前半~中盤までは見応えのある選手も外コートで試合することもありますし、好きな選手の試合を自由に見ることができます。
外コートのなかでも、席が設置されているコートもあり(自由席なので追加料金も無し)、じっくり観戦することも可能です。(席が付いているコートは、試合中いつでも出入りできるわけではなく、2ゲームごとに退席・入場可能です。入場の列ができている場合もあるので、かなり待つ場合も。)

fc2blog_20160518185747901.jpg

上の写真は、試合中も自由に出入り可の席でした。

対して下の写真は、出入りが制限されていました。(ちなみに黄色の後姿は西岡選手です!2-6,7-5,7-5で勝ちました~!!)

fc2blog_20160518185801d96.jpg

こんなちゃんとした席も外コートにあるんですよ~!



さて、子どものお値段についてですが、
外コートの場合は、20歳以上20ユーロ(予選期間中)か30ユーロ(本戦期間中)、子ども(6歳から20歳未満)は半額です。つまり6歳未満はタダです。
このお値段で全仏オープンの会場に入り、外コートの試合を自由に観戦できるんです。本戦前半は男子・女子シングルスもたくさん!!とってもお得ですよ~。

そして、Court Number1とCourt Philippe-Chatrier, Court Suzanne-Lenglenの3つのコートの場合は、何歳でも大人と同じ料金です。子ども向けのチケットがありません。
つまり6歳未満でも料金発生しちゃいます。

まとめると、
10歳未満のお子さんの場合、会場自体にはチケット無くても入ることができて、外コートは見放題!
ただし、Court Number1とCourt Philippe-Chatrier, Court Suzanne-Lenglenの3つのメインコートに限っては、大人と同じチケットが必要となります。


ちなみにうちの場合(2歳児)は、外コートのみ連れて行きました。メインコートは連れていく予定はありません。恐ろしすぎ。
もし子どもが飽きてきても内コートだとすぐに出るわけにも行きませんし、飲食も気軽にできないし(あやすためのおやつも)、試合中に大きな声を出すリスクもあり、選手や周りのお客さんに対して申し訳ないですし。そして私が集中して試合を観戦できないのは、お金がもったいない(笑)。

実際に外コート行ってみての感想は、「とーーーっても良かった」です。
立って観るようなところはかなりガヤガヤしていて、ちょっとした音も目立たない。子どもはリンゴを丸かじりしてご機嫌。飽きてきたら場所を変えて別のコートに行ってみたり、芝生の上に行ったり。
ただ、外コートでも完全に席に座って観るタイプのコートがあり、そこはしっかりとしたマナーでした。ちょっとヒヤヒヤしましたが、最終的には夫が子どもと退席してくれたので、私は試合に集中して観戦することができました。


それと、予選期間中のトップ選手の練習試合も子連れにはオススメです♡

IMG_8100s.jpg

実は予選期間中は、メインコートのうちの一つ、Suzanne-Lenglenというコートで、有名選手が数多く練習しています。
上の写真は、予選最終日に行ったときのもの。なんとマレーとナダルが練習試合していました✨
メインコートですが、特に専用チケットは必要ありません。予選期間中は、外コートのチケットで、こちらの練習風景も見ることができます。

練習試合なので、お客さんたちもガヤガヤしていて、出入りも自由。子供連れでも、とーっても気軽に観戦できますよ~!!



4.会場内での飲食

お水やジュース、サンドイッチなどを会場内で購入することができます。

fc2blog_2016051818571934c.jpg

ドリンク&デザート付きのセットで、
・サンドイッチが7ユーロ
・ホットドッグが9ユーロ
・ハンバーガーが13ユーロ、などです。
また、飲料は
・水(Vittel)750mlで4ユーロ、500mlで3ユーロ
・炭酸水(Perrier)500ml 4ユーロ
軽食として、
・サンドイッチ単品5.5ユーロ
・ミニサラダ5.5ユーロ
・ヨーグルト3.5ユーロ
・りんご(丸かじりタイプ)1ユーロ
・ポテチ3ユーロ
などが売られていました。

初日の5月16日はそんなに混んでいませんでしたが、これは予選の初日ですので、あまり参考にならないかも、、、

心配な方は、会場に着く前に食料・飲料を買い込んでおくことをオススメします!
ただし、缶の飲料は会場内に持ち込めませんのでご注意を~。ペットボトルはOKですよ~!


で、ここはパリの南西僻地に住んでいる私の地の利を生かした情報(笑)ということで、会場外のパン屋・スーパー情報を載せますね~。


5.会場に入るまでに寄っておきたいパン屋・スーパー情報

会場近くで買い物できるお店の住所を貼っておきますね~。

…とその前に💦いちおうパリ初心者のために、サンドイッチってこんなんですよ~と画像を添えておきます。
fc2blog_201605190910259bc.jpg

フランスのサンドイッチは、バゲットにハムやチーズ、トマトなどを挟んだタイプです。めちゃくちゃ食べ応えあります。たまにツナが入ってたりバジルのものもありますよ。
日本のサンドイッチをイメージしてパン屋に入ると、え!サンドイッチ無い!!ってことになりかねませんので、いちおう(笑)。

では、周辺のパン屋情報を。

Pain Viennoiseries(ケバブ・パン屋)
51 Rue Molitor 75016 Paris

fc2blog_201605190910561a9.jpg

ケバブやパニーニをその場で焼いてくれます。

fc2blog_20160519091047eab.jpg

こんなふーに!焼きたては美味しい✨
fc2blog_2016051909103643e.jpg
(この写真は、以前ここのパン屋でケバブを買って、そのまま公園に行ったときのもの)

ドリンクセットで5ユーロか6ユーロくらい。(ただししつこいかもしれませんが缶は持ち込み禁止なので、ドリンク選ぶ場合はペットボトルを!)マフィンやエクレアなどもプラス1.5ユーロでセットにできます。
また、会場で売られているポテチ(3ユーロ)と同じものがここでは1ユーロよ~。
メトロ10番線Porte d'Auteuil駅や9番線Exelmans駅から降りた場合、道すがらにあるので便利。
店員のおじさんが、めっちゃ子連れに優しいです♡
不定休なのでご注意を。夕方には閉まっちゃってるときも。


Perrotin Pascal(パン屋)
56 Boulevard Murat 75016 Paris
ここは大通りから一本脇に入ったところなので、全仏オープン開催中も意外と空いているかも…??お昼はいつも近所の人でにぎわうパン屋です。
実はここのハンバーガーが美味!

これこれ~♡
fc2blog_20160519085839f0b.jpg

日によってメニューが若干違うのですが、もしあればハンバーガーおすすめです!
サラミサンドもおいしいですよ~。
こちらのマダムは英語通じます☆ただし日曜休み。土曜は午前中のみの営業。


Boulangerie-Pâtisserie Bonneau(パン屋)
75 Rue d'Auteuil 75016 Paris
ここは10番線Porte d'Auteuilからすぐ近くのパン屋です。会場への道とは逆方向にありますが、すぐ近くなので問題なし。
しかも日曜営業しているのが強み。ただし、月曜が休みとなります。周辺のパン屋とうまく使い分けて。

G20 Auteuil Market(スーパー)
77 Rue d'Auteuil 75016 Paris
一つ前に紹介したパン屋Boulangerie-Pâtisserie Bonneauから1軒はさんだ隣です。
ドリンク、果物、サラダなど買うならこちら。タオルなどの生活用品も手に入ります。
ここも日曜営業しています。月曜休み。



6.チケット買うときの注意点

前回の記事(全仏オープン情報その2☆まだ間に合います、観れますよ!!詳細情報発信中~チケットの受け取り方~)にて、チケットの選択・購入の際に15分という制限時間があることをお伝えしましたが、もう一つ注意事項を。

一人あたりの購入枚数が制限されています。

・メインコート(Court Number1とCourt Philippe-Chatrier, Court Suzanne-Lenglen)は全仏オープン期間中、4枚まで。6月3日(男子シングルス準決勝)および5日(同決勝)は2枚まで。
・外コートは、全仏オープン期間中、12枚まで。
・予選およびジュニアの試合に関しては制限無し。

確実な表記は、公式サイトのトップページ英語版(https://tickets.rolandgarros.com/en/home)にて、上のINFORMATIONを選択→下に出てきたInformationをクリックしてご確認ください。

orderlimit.png

ORDER LIMITという欄に上記3つのことが書かれています。


ではでは、次の記事にて実際の会場の様子をお伝えします~!

ではまた~!

~*~*~*~*~*~
ブログランキング参加しています。それぞれ押してもらえると嬉しいです☆
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ(にほんブログ村に参加しています)
(人気ブログランキングにも参加しています)
(こちらはfc2のランキングです)
~*~*~*~*~*~




関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

ぽにょ様
返信遅れてすみません💦応援ありがとうございます!
ちょっと間があいてしまいましたが、先日の全仏オープンキッズデイの様子もレポートしました。
今後も間が空いてしまうことも多々あるかと思いますが、なるべくコンスタントに引き続き頑張っていきます☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 遅かった!!(涙)

michikoさま

コメントありがとうございます(^^)
もし来年もパリにお住まいの予定であれば、ぜひ来年こそ全仏オープンに行ってみてください~!
私も情報書くのが遅すぎましたね…💧なにせ今年初だったもので、実際行ってみてようやく様子が分かった次第です💦
子ども服などのグッズも充実していましたよ~。ぜひ来年以降に参考にしていただければ☆

またKマートもブログ参考に行かれたとのこと。少しでもお役に立てたようで良かったです。凱旋門も楽しんできてください!

引き続き、頑張ってブログ書いていきたいと思います!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 全仏オープン情報その3☆詳細情報発信中~子どものチケットは必要?赤ちゃんも入れるの?会場内でご飯買える?などなど気になる点にお答えします!~

かんちゃんさま
こんにちは!当ブログへのご訪問ありがとうございます(^^)
全仏オープン観戦のための宿泊として、Boulogne Jean JauresとCharles Micheles で迷われているとのことですが、治安に関してはどちらも変わらないと思います。わたしが住んでいたときは、どちらの場所も小さい子供と自分の2人だけでもよく出歩いていました。Jean Jauresはパリ市ではなくブローニュビヤンクール、Charles Michelesはパリ市内ですが観光地からは少し離れているので、そんなに観光客でガヤガヤした感じではありません。住宅街と商店街が連なっている、というイメージです。
テニス以外にパリの観光もされる予定なら、Charles Michelesのほうが便利かなと思いますが(バスもたくさんの路線あります)、ただブローニュビヤンクールからもバスも出ていますしメトロも9, 10番線がパリ市内につなかっています。どちらもレストラン多いですし。
全仏オープンの会場へのアクセスとしては、Charles Michelesからだとメトロに乗る必要がありますね。最寄駅から会場までも少し歩きます。だとしたら、元々徒歩で10〜15分くらいのブローニュビヤンクールのほうがいいかなーという気もします。
ただ、何泊されるかにもよると思いますが、もし現地での食費を抑えたいとか、慣れた日本食があったら安心、というご希望があれば、Charles Michelesをおすすめします。この駅から徒歩5分くらいのところにK Martというスーパーがあり、日本食のお惣菜もたくさん売られています。
まとまりのない文章になってしまいましたが、取り急ぎ思いついた点を書いてみました。全仏オープン、楽しんできてくださいね!(羨ましいですww)素敵な旅となりますように〜