2016/07/01

未就園児に最適!パリ郊外☆ブローニュ・ビヤンクールの児童館&図書館~Centre National du Jeu~

こんにちは、メロントマトです。

パリ近傍にお住まいの子連れのママさん、雨の日はどこで遊ぼうか悩んでいませんか?以前このブログでもご紹介したパリ15区にあるLa Maison Verte(緑の家)もオススメですが、今日はパリ郊外、ブローニュ・ビヤンクールにある児童館「Centre National du Jeu」をご紹介します。

有料ですが、LA MAISON VERTEよりも室内はゆったりとした空間で、伸び伸びと遊べますよ~。おまけに図書館まであるので、帰りに絵本まで借りられます(無料)。

では、その詳細を書いていきますね。


~Centre National du Jeuの概要~

パリ市の南西に隣接するのが、ブローニュ・ビヤンクールというエリア。パリ郊外ですが、メトロは9番線と10番線が通っています。
そのうち、9番線の終点Pont de Sèvres駅から徒歩10分足らずのところに、今回ご紹介する施設「Centre National du Jeu」があります。

_mg_9768.jpg


タイトルでは分かりやすく児童館と表現しましたが、Centre National du Jeuを直訳すると、ゲーム全国館。いろーんなゲームイベントが開催される施設なのです。(安心してください!0歳からOKのエリアもあります!)

公式ホームページはこちら→http://www.cnjeu.fr/


下の写真は、"Jeu de Figurines"という、ミニチュアゲームの様子。

20151127_0001_CNJ_figurines_globale_web.jpg
出典:http://www.centrenationaldujeu.com/jeux-de-figurines/ludotheque/jeux-de-figurines

大の大人たちが熱中しています。

10代~大人向けにはこのようなミニチュアゲームのほかに、Scrabble(ボードゲームの一種)やÉchecs(チェス)、それになんとGo(碁)まであります。

ほら、碁でしょ。

fc2blog_20160701071432006.jpg

これはホームページのスクショですが、下にスクロールしていくと、碁がどういうゲームか、という簡単な説明があって、
読んでみると、

fc2blog_20160701071444718.jpg

richesse de combinaisons incroyablesってのは、wealth of incredible combinations、つまり信じられないほどの組み合わせパターンがある、ってことなんだけど、けっこう英語と近い単語も多いのよね~。全く分からないものも多いけど。

あ、脱線してしまいましたが、一番伝えたかったのは目に入ってきたこちらの文字!!

fc2blog_20160701071451d08.jpg

ヒカルの碁だ~~~!!!

碁は中国・韓国・日本でしかあまり知られていなかったけれど、マンガ「ヒカルの碁」によって世界的に有名になった、と。

わー、わー。まさかフランスの児童館つながりで"Hikaru no Go"という文字に出会うなんて。
佐為とか懐かしいな。


あぁ脱線。話を戻します。
各種ゲームは事前に予約して、大人数でゲーム大会を開くことも可能なんだとか。
子どもが10人まで集まれる誕生日会もできます。

また、ゲームの展覧会も毎年開催されています。

各種イベントは、公式ホームページで確認してみてください。フランス語だけだけどね。
こちら→http://www.cnjeu.fr/


さて、この大きな施設の中には、上記のようなイベントが開催されるスペースもあるのですが、
それ以外に今日これからご紹介する子ども向けの室内遊び場(Salle Petite enfanceと言います。幼児ルームの意)や図書館があります。

Salle Petite enfanceは0歳から8歳まで利用可能。詳しい時間や料金については最後にまとめますね。

図書館では、本やDVDが貸し出されており、本は無料、DVDは有料です。(いくらか聞いたけど受付の人知らなかったみたい…笑。詳細分かったらまた書きますね)
貸出期間は28日。つまり4週間。長いね~~いいね~~
さらに驚くことに、貸出数は無制限とのこと!!(←ホントかよ、、受付に聞いたけど、半信半疑な自分ww)

借りるには専用のカードが必要であり、パスポートを持ってくれば作れるらしい。
今回はパスポート持っていなかったので、また次回来たときに作ってみようと思います。
児童館遊びついでに、絵本もたくさん借りられるなんて、素敵な施設だわ。


ではでは、その子ども向けの室内遊び場”Salle Petite enfance”の詳細について、書いていきますね!



~Salle Petite enfanceに行くまで~

メトロ9番線Billancourt駅もしくはPont de Sèvres駅から歩くこと10分弱で施設に着きます。どちらの駅からも同じくらいの距離。そしてどちらも出口3番が一番近いです✨
駅から施設までは、坂道もなく歩道も広くてベビーカーも押しやすいです。

入り口からすぐのところに受付があります。



受付の人に、"Salle Petite enfance"を利用したい、と言えばすぐに通じます。
Je veux utiliser la salle "Petite enfance"(ジュ ヴェ ユーティリゼ ラ サル プティトゥ アンファンス)で、I want to use the room "Petite enfance"ね。正確には主体的に遊ぶのは子どもだから、私が使いたいってのもおかしな文だけど、ま、伝わるでしょう。

というか、そもそも受付の人、英語はそこそこ喋れましたので、そこまで構えなくても大丈夫かと思います。

ここで、簡単なやり取り&説明があります。まとめると、
・子どもの名前は?と聞かれる→答える→受付の人、耳慣れない名前で聞き取れない→紙渡されて結局自分で書く
・君たち、ここ利用するの初めて?それなら最初の1時間は無料だよ。
・1階に上がって(※1)、Salle Petite enfanceの部屋に行ったら、○○って人がいるので、その人が使い方を教えてくれるよ。
・これを持って行ってね。(子どもの名前が書かれたカードを渡される)
・1階に上がるには、ここを左に行った先にエレベーターがあるから。

※1 日本で言うところの1階がフランスでは地上階(0階)、日本での2階がフランスでは1階と表現します。

で、入り口から見て、ピンクの矢印の方向に行き、エレベーターに乗って1階へ。




ちなみにね、エレベーターのボタン、”1”の階表示がありません。



分かりにくいでしょーwww
今回、私はほかに2人のママさん(&子どもたち)と行きましたが、私含めて3人一瞬固まりました。「1階、ないよ?」って。

エレベーターは大人3人+ベビーカー3台ギリギリ乗れる広さでした。


さて、エレベーターを降りると、こんな廊下があり、この先まっすぐ行ったところにお目当てのSalle Petite enfanceがあります。



が、ベビーカー連れのママさん(パパさん)たち。
この廊下を渡らずに、まずはこちらの部屋に行ってください。(エレベーター降りてすぐ)



中に入ると、



ベビーカー置き場になっています。

私は初めての利用で分からずにベビーカーのままSalle Petite enfanceに行ったら、ここにベビーカーを置いてきて~と言われました。


ではベビーカーを置いて、身軽になったところで、いよいよSalle Petite enfanceの中へ!!



はーい、長くなりましたが、いよいよこちらの遊び場の詳細を~♡

と、その前に、利用するのにいくつか注意事項があるので、簡単にご説明しますね(要領悪くてごめんなさい)。
部屋に入ると係の人が来たので、まずは受付でもらったカードを渡し、そのあといろいろ説明を受けました。



上の写真、入ってすぐのところですが、まず赤色で示しているカゴにはおもちゃが入っていますが、こちらは使用済み。
赤ちゃんが口に含んだおもちゃは、保護者が帰りにこちらのカゴに入れてくださいとのこと。毎回洗って清潔にしているんだそうです。すごーい。
その洗う場所というのが、緑色で示している水道です。ここは係の人がおもちゃを洗う専用の場所なので、ここで私たちが手を洗っちゃダメとのこと。(手洗い場は別途あります)

それと、あと青色部分ね。この戸棚の中に何が入っているかと言うと、コレ。



ここの室内遊び場、土足禁止です。(フランスで土足禁止って場所、なかなか無い!嬉しい!)
子どもは靴下でも裸足でもOK、大人は裸足はダメとのこと、靴下を持っていない場合はこれを渡されます。

私は素足にコレでしたが、靴を脱がずに靴の上からこれで覆っている人もいました。私は靴履いたままだと落ち着かないし、かといって素足に直接だとビニール製のためこれも嫌だし…次回からは靴下持ってこようと思います。

靴は入り口側に靴箱があるので、そこに入れます。
また、室内遊びスペースは飲食禁止。飲み物だけは、入り口近くにあるソファや靴箱付近で飲めますが、おもちゃがあるスペースでは飲めません。(床に赤いテープで仕切られています)

そうそう、手洗い場はね、別途あると言ったけれど、これです。



Salle Petite enfanceの室内にあるトイレは子ども専用。大人はここを出て左側にあります。
水を流すのは、赤色で印をつけてあるように、長いヒモなので、子どもでも簡単に引っ張って水を流せるように設計されています。

また、手洗い場も位置が低くて子どもが使いやすいデザイン。



おむつ替え台には棚がついていて、おむつポーチやおしり拭きを一時的に置けます。
これ見て思い出したけど、まだ子どもがおむつ替え台を使わなきゃいけない年齢の頃、手に届く範囲のものはどんどん掴んで舐めたり投げたりしていたから、おむつ替えている間、おむつポーチを子どもに取られないようにするのに必死だったわ~。棚に置けられるなら安心ね。

また、高いところに荷物掛けのフックがあるのも嬉しい点。
パリのトイレ、意外とこういうフックがなかったりして、でも荷物をトイレの床に直置きしたくなくて大変なのよね~。



~Salle Petite enfanceの詳細~

前置きが長くなりました。
やっとです、やっとこのルームの雰囲気を伝えられます。



室内は天井が高くて、広々としています。窓も大きいので明るい~!

早速、電車に夢中。



こちらのプラレール、線路は予め組み立てられていて、接着ボンドで固定されています。
右の赤いシャツを着ている大人の男性、この方が係の人。外れてしまった線路をボンドで付け直しています。



おもちゃの洗浄といい、管理がしっかりしているのね。

こちらは大きなブロック!これで家を作ったり、



こちらは小さな木の家。ハシゴやブランコ、滑り台までついていて、ぬいぐるみを使って遊べます。



キッチンだってあります。



電子レンジまであるという充実っぷり。

おままごとついでにもう1つ。



小部屋のように独立して仕切られたおままごと空間もあります。
赤ちゃんの人形やベビーベッドが備えられており、



ミニ掃除機まで!
家事の真似ごとができます。

下の写真にあるベビーカーも、おままごと用ですよ~




ところで、この奥に見える上の空間、わかるでしょうか。



こちらは4歳児以上から入れます。



わたしが今回訪れたとき、一緒にいた友達のお子さんは全員3歳以下だったため、こちらには入れず。
近くでよく見てないので詳細は分かりませんが、どうやらバービー人形遊びなどができるようです。


対して、赤ちゃん向けのおもちゃもありますよ。



左手前のは、上の突起を押すと中がグルグルと回るもの。
右奥は恐竜のいないいないばあです。

ボールを転がす遊びもあったり、



マットが敷かれているところもあり、ねんね期の赤ちゃんもゆっくり過ごせます。




また、柵で仕切られたスペースにはテーブルとイスがあって、



知育玩具も揃っています。
こんなふうに形合わせのパズルとか、

fc2blog_20160701090520659.jpg

昔は全然できなかった、というかそもそも全く興味を示さなかったのに、ちょっと成長を感じた瞬間!↓



ジグゾーパズルも年齢別にたくさんありました。

fc2blog_201607010905411b6.jpg

まだまだ棚にはたくさんありますが、、、もはや開ける気にもならないほど、ありすぎ!!!(笑)




そうそう、コスプレもありましたよ~。そばには大きな鏡も!笑



ぐちゃっとしすぎていたので、さすがに写真映り悪いな~と思い、個人的に直しましたw



衣装の上には剣や矛などが。衣装を着て剣を持てば、物語の主人公になりきっちゃいますね~。




まーいろんな種類のおもちゃがたくさんあり、滞在中子どもたちは全く飽きる気配がありませんでした。
まだまだ紹介しきれていませんが、Salle Petite enfanceの詳細はこのへんで。


そして帰るとき、1階から地上階に降りてきたら、こんなものを見つけました。



自販機です。

一杯0.4ユーロ!!安い~!!
しかも、コインは0.02ユーロから使えるの。小銭で膨らんだお財布がスマートになるわ♡♡

コーヒーやカフェラテ、マキアート、それにホットミルクやホットチョコレート(chocolat chaud)まであります。

地上階は広いスペースで、座る場所もあったので、ここでカフェタイムに。
さきほどの室内遊び場はね、とっても良いんだけど食事が禁止なので、子どもたちもおなかが空いていました。
子どもはホットミルクとマドレーヌにビスケット、私はマキアート。一息つけました~~


で、そのときに発見したのが地上階にあった図書館。
何冊も何冊も借りている人がいたので、気になって帰り際に受付の人に聞いてみました。
上でご紹介したSalle Petite enfance(室内遊び場)の開館時間や料金とともに、まとめますね。


~Salle Petite enfanceの開館時間・利用料金~

今回ご紹介した、Salle Petite enfanceは0歳から8歳まで利用可能です。

水曜日:9時30分~12時 / 14時~18時
木・金曜日:9時30分~12時 / 16時~18時
土・日曜日:14時~18時

利用料は、
1日につき5ユーロ。
5回分(5日分)で20ユーロというチケットもあります。


ただし夏は開館時間および料金が変わります!!

7月2日から7月30日までは、
木・金曜日:9時30分~12時 / 16時~18時
土曜日:14時~18時
水曜と日曜はやっていませんのでご注意を。

料金は、この期間(7/2~7/30)限定で、1日1ユーロのスペシャルプライス!!

そして7月31日から9月5日までは閉館となります。



~注意事項~

上にも書きましたが、ここで念のためまとめておきます。
・Salle Petite enfancesの室内は食事禁止。飲み物は、入り口近くでのみOKです。
・土足禁止。子どもは裸足でもOKだが、大人は靴下、もしくは青いビニール袋をつけて(もらえます)。
・室内にあるトイレは子ども専用。大人はSalle Petite enfancesの入り口を出て、左側に進むとトイレがあります。
・子どもが舐めたりしたおもちゃは、帰り際に入り口近くのカゴの中に入れます。(のちに洗浄される)
・私が行ったときは、対応してくれる方は全員英語が通じました。



~図書館の利用方法~

地上階にある図書館では、本やDVDを借りることができます。
事前にカードを作る必要あり。パスポートを持っていけばカード作れるとのこと。
本は貸し出し無料、DVDは有料(詳細不明)。
本・DVDともに、貸出期間は28日間。



~アクセス~

住所:17 Allée Robert Doisneau 92100 Boulogne-Billancourt France



メトロ:
9番線BillancourtもしくはPont de Sèvres 出口3番から徒歩8分
バス:
Parc de Billancourt (389)
Cours de l'Île Seguin (389 / SUBB ※2)
Pont de Sèvres (160 / 169 / 171 / 179 / 279 / 291 / 389 / 467 / SUBB / N12 / N61)

※2 SUBBとは、ブローニュ・ビヤンクール内を走る無料バスです。
路線図や時刻表はこちら→http://www.seineouest.fr/subb_sept_2015.pdf



~公式ホームページはフラ語だけなので、、、~

先ほどリンクを貼ったホームページ(http://www.cnjeu.fr/)は全てフランス語で分かりにくいので、ちょっと解説しますと、

トップ画面がこちら。
fc2blog_20160701074514393.jpg

この左上の"LUDOTHÈQUE"と表示されている緑色部分をクリックすると、
fc2blog_201607010745276d0.jpg

下にメニューが出てきます。
fc2blog_20160701074521bc7.jpg

このうち、上から4つめの"Petite enfance"をクリックすると、児童館の概要に行き着きますよ。
fc2blog_20160701074536388.jpg


あ~長かった!写真&スクショ画像合わせて42枚も使ってしまいました。
最後までお読みくださり、ありがとうございます♡

ではまた~!

~*~*~*~*~*~
ブログランキング参加しています。それぞれ押してもらえると嬉しいです☆
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ(にほんブログ村に参加しています)
(人気ブログランキングにも参加しています)
(こちらはfc2のランキングです)
~*~*~*~*~*~





関連記事

コメント

非公開コメント