2016/09/12

母子2人クロアチア旅行4日め~スプリット市内観光編2&Brac島へ移動

こんにちは、メロントマトです。
クロアチア旅行記が続いていますが…飽きちゃってたらごめんなさい。
旅行から帰ってきて若干体調悪い状態が続いていますが、さすがに明日には回復するかしら。そろそろ通常モードのパリ情報も書き始めますね~。

今日は、クロアチア旅行4日めの様子をアップします。3日めのスプリット市内観光編1に引き続いての後編です。


☆ ★ ☆

このブログを応援してくださる方は、ぜひ旅行の際にこのバナーをクリックして、エクスペディアでご予約してくださると嬉しいです♡(Booking.com派の方は、PC版で左のバナーから♡)

かしこい旅、エクスペディア

☆ ★ ☆


…と、まずはクロアチア旅程のおさらい。
1日め:パリ→クロアチア・スプリットへ移動。ホテル到着後、すぐにプールで遊ぶ。スプリットのホテルは3泊。
2日め:ホテルのプールとプライベートビーチでひたすら遊ぶ。
3日め:午前中、ホテルのプール&海で遊んだあと、午後にスプリット市内観光。

そしてこの記事で書くのが、
4日め:ホテルチェックアウト後、スプリット市内観光。夕方、船でスプリット港→Brac島・Bolへ移動。
です。

(全部で7泊8日の行程でしたので、まだまだ続きます)


☆ ★ ☆ ★ ☆


さて、クロアチア旅行4日め。
この日は、3泊したスプリット市内のホテルをチェックアウトし、前日に引き続いてスプリット市内を観光しました。
夕方、スプリットの港から船(カタマラン)に乗って、Brac島という島へ。

なぜBrac島かといいますとね、最後のほうに詳しく述べますが、簡単に言うと「ヨーロッパのベストビーチに選ばれたことなるZlatni Rat(ズラトニ・ラット)」が目的なんです。

これこれー!!

zlatni rat
画像はwikiより。

海上に突き出た特徴的な形のビーチは、クロアチア語で「黄金の角」という意味を持つ「Zlatni Rat」という名前が付けられています。
この「Zlatni Rat」がある島が、Brac島(ブラチ島)なのです。スプリットからは船で約1時間。


ではでは、話を戻して、まずはスプリット市内の観光から順に書いていきます♪


☆ ★ ☆ ★ ☆


4日め、午前中にホテルをチェックアウト。
トランクと3歳の息子の手をひき、トランクの上には大きめのトートを乗せ、背中にはリュックの私は、ホテルからスプリット市の交通中心部、Autobusni kolodvor SplitというバスターミナルまでUberで移動しました。約3kmで30クーナ(450円)。一般のタクシーだと50クーナするので、スプリット市内ではUberのほうがおすすめですよ~。

さて、この日はバスターミナルまで来て(バスターミナルと船乗り場は超近い、というか目の前)、夕方に船に乗るまでの間、ちょこっと観光しようと思ってましたが、
こーゆーとき、一番ネックとなるのは、荷物をどうするかってこと!!

でもね、ここ、嬉しいことにあるんです。荷物預け所が。

ほら、これこれ!

fc2blog_20160911085532020.jpg

「STORE LUGGAGE」って文字が目につきますよね。

バスターミナル周辺には、港に面して大きな通りが一本あり(Obala kneza Domagoja通り)、陸側にはずらーっとお店が並んでいます。
そこを歩いていると、カバンのマークとともに「STORE LUGGAGE」という文字が書かれた看板をいくつも見付けることができますよ。

といっても、「ほんとに?いくつも見付けることができるって言ったって、具体的にどこにあるのよ?!」と不安になられる方もいらっしゃるかもしれないので、たとえばこことか↓



だいたいの位置ですが地図に挙げておきますね~。

利用料金は、荷物1つにつき15クーナが相場。1時間ごと、じゃありませんよ!朝から夜まで、その荷物預け所がオープンしている間、一日中15クーナで預けることができます。
オープン時間は、お店にもよりますが、早いところで朝6時から、遅いところでも9時にはだいたい開いています。夜は19時までとか21時までとか。
係員がいますので、直接荷物を手渡すと引換証がもらえます。これを荷物受け取り時に提出して、料金を支払うという仕組み。
荷物1つにつき15クーナ発生するので、小さな荷物は大きな袋にまとめちゃいましょう。
私の場合、トランク1つに加え、子どもの小さなリュックや自分のバッグや細々とした荷物は大きなトートバッグにまとめて入れ、計2個のカウントで30クーナ支払いました。

あと、バスターミナルの裏手(海と反対方向)にŽeljeznički kolodvor Splitという駅があり、この駅構内にもコインロッカーがあります。
1日あたり15クーナ。有人の荷物預け所と同じですが、コインロッカーの場合は日をまたいで預けられるようです。
ただし、駅構内は夜間閉鎖されますので(22:00~翌6:00)、その間荷物の出し入れはできないことにご注意ください。



さてー、無事荷物を預けて身軽になったところで、いざディオクレティアヌス宮殿へ!

fc2blog_201609110932021f9.jpg

バスターミナルから北側を向くと、左手(西側)に海、前方(北側)にディオクレティアヌス宮殿の鐘楼が見えます。

実はこちらの宮殿、前日(3日めに)入ろうとしたところ、息子が嫌がり断念…という経緯があったのですが、懲りずにこの日も挑戦しに来ました。
(前日の話はこちらで→母子2人クロアチア旅行~3日め~スプリット市内観光編1

宮殿には東西南北に4つの門があります。
前日、息子が頑として入らなかった東側の銀の門がこちら。




ここを避けて、この日は南側の青銅の門から試してみることに。

もーね、前日断念してホテルに帰ってから、「明日は頑張って入ってみない?綺麗な景色が見れるんだよ~」って息子に何回も話しかけていました。
その効果があったのかどうか、はたまた、宮殿入って鐘楼登ったらトウモロコシとアイスあげるよと言ったのが効いたのか(たぶんこっち)、この日はすんなり入れました。


青銅の門は、リヴァ通りと呼ばれる宮殿の南にひしめき合うレストランの間にあります。



入り口が階段になっていて、降りて行った先の地下道にはお土産屋さんがたくさん!

fc2blog_20160911093932da9.jpg

お土産屋のほかにも、地下にはローマ時代の遺物の見学スペースもあります。
宮殿が建てられた4世紀当時の面影は、地上よりもこの地下のほうが残っているんだとか。
というのも、地上部分は、宮殿が廃墟となったのちの7世紀頃から庶民が住み始めたため、手が加わり随分と変わってしまったそう。他方、地下はなんとゴミ溜めとなったため、人々が入ることもなくゴミに埋もれ(=ゴミに守られ)破壊されることもなかったとのことです。面白い話ね~。

さて、ここを抜けると、宮殿の中央、ぺリスティル(中庭)に出ます。





この隣にあるのが鐘楼。



スプリット市を一望するために、
さ、登るぞー!!

入館料は15クーナです。3歳の息子は無料でした。(何歳から有料なのかは聞き忘れちゃった)



…って、いや、けっこう大変だったのよ、この鐘楼。
見ての通り、段差かなりあるし、狭いし、手すりないし、暗いし、、、3歳の息子、登れるかちょっと心配になったけれど。

でもこの階段がずっと続くわけではありません。
ちょっと上ると、こんなふうに鐘楼の内側をぐるぐると回る手すりつきの階段になります。



でも鐘楼の外壁の穴からは簡単に外に出れちゃう造りだし(もちろん行かないけどさ、怖いじゃない!もし外側に倒れたり転んだら、そのまま外に落ちちゃう!って)、頼みの綱の手すりは細いし、それさえときどき切れてるからね…。
おまけに、一方通行ではないので、上から降りて来る人、下から登る人が交差するときはヒヤヒヤものです。

わたし、ちょっと忘れていたけど、高所恐怖症気味なのよね、きっと。

途中何度も息子と2人で登ることにしたことを後悔しながら、それでもその不安感を息子に伝えないよう気を配りながら神経質に登っていった結果…



たどり着きました!頂上です!!

この景色が見たかったのよー♡♡♡



鮮やかなオレンジ色の屋根の家々と山、



この日は珍しく雲が多かったのが残念だけれど、
それにしてもこの海の青と屋根のオレンジのコントラストは素敵…✨

魔女の宅急便のキキの気分です。

正確には、魔女の宅急便のモデルとなった街はここスプリットではなくドゥブロヴニクと言われているけれど、同じクロアチア、アドリア海沿い、似た雰囲気のはずー!!笑


さて、鐘楼を恐る恐る下っていき、地上に降り立ったときの安心感といったらもう。
キキの気分♡なんて言ってみたものの、わたし、キキにはなれないなーと思ったのでした。


鐘楼を登ったあと、宮殿内をぶらぶら歩いて、偶然見つけたオアシス。



ここで持ってきたプラムを食べて休憩したり、
合唱団に出くわして歌声に酔いしれたり、
のんびり過ごしました。

偶然見つけたって書いたけど、結果論からすれば鐘楼と大聖堂の裏手でめっちゃ近かったんですがね。




ちなみに個人的に鐘楼のベストスポットだと思ったのがこちら。



宮殿内は、ここ見る!と念入りにプランを立てなくても、歩くだけでその雰囲気が楽しかったですよ。


さて、宮殿から一旦外に出て、約束のトウモロコシを。



宮殿の南、海岸に面しているリヴァ通り沿いにはレストランがたくさん並んでいます。
その一角にてドリンク頼んでトウモロコシをがっついていました。

ちなみにトウモロコシはレストランで売ってるのではなく、屋台で買ったもの。
トウモロコシ屋台の場所はここらへん。



1本10クーナ(約150円)。
やはり、安い。パリだったら何ユーロするのよ。
まぁパリと比べたらほとんどの国は安くなってしまいますが。(スイス例外ね!!ロンドンも高いけど…Brexitでだいぶポンド安になったから以前よりだいぶマシかな!)

リヴァ通り沿いは、ここの焼きトウモロコシを食べながら歩いている人がたくさんいました。
私も息子と1本買ってぶらぶら歩き…適当なレストランで店員さんにトウモロコシここで食べていい?と聞いたら快くOKだったので、レストランに入って飲み物注文。
で、さきほどの写真です。写真の奥は港よ~。このあと夕方乗る船の乗り場もすぐそこです。
レストランではレモネードが22クーナ、コーラが18クーナ。あわせて40クーナ、約600円でした。

そこまで安くはないけど、高くもない。

エスプレッソなんて9クーナよ!
Coffe with milk + cream bigサイズでも13クーナ。

fc2blog_201609121908180d3.jpg

ビールもあって、クロアチアのビールDraught beer Ožujsko 200mlで12クーナ。500mlで23クーナ、約350円。やすっっ

fc2blog_20160912190828778.jpg

その他アルコールもたくさんありました。
ブランデーもストレート30mlで15クーナ。ちょっと惹かれたけど母子旅行なのでパス。

fc2blog_20160912190847b53.jpg

ここで冷たいドリンク飲んで、屋台で買ったトウモロコシを食べて(店員許可済み)、しばし休憩。

fc2blog_20160912190800a1a.jpg

上の写真、ちょっとね、白っぽくもやがかかったように見えますが、これボケてんじゃなくてほんとに。
テラス席の上から霧吹きが定期的に出てくるんです。
これが肌にかかって、潮風で蒸発する際に気化熱が肌から奪われてちょー涼しいの。
屋根があるから日陰だしね。

日本の真夏だったらこうはならない。
(湿度高いから、肌にかかった水がなかなか蒸発せず、むしろじっとりべったりとなって気持ち悪いし蒸し暑い)

湿度が低い国ならではですね。
(厳密に言うと、8月後半からは若干湿度高くなってきますが。)


さて、ちょっと休憩したあとはふたたび宮殿のほうへ。
今度は北側にある金の門(Zlatna vrata)へ。

場所はココ。



宮殿の内側から金の門の方向を見ると、外側になにやら銅像が見えます。



グルグール・ニンスキ像(Grgur Ninski)です。



彼は10世紀ごと、クロアチア語含めスラヴ言語の保護に尽力した司教で、クロアチアの英雄の一人と言われています。
左足の親指に触れると幸運が訪れるんだとか✨

海外のサイトでは、"good luck is guaranteed"なんて断定されて書かれてますが、ほんとかよって。



でもちゃっかり触ってきました♡

北側の金の門の外には、グルグール・ニンスキ像のほか公園もあります。



この横っちょに遊具エリアも。



ちっちゃな公園ですが、ここで一期一会のお友達とたくさん遊びました。



そしてバスターミナルのほうまで戻り、預けていた荷物を受け取って、船へ!



Split港からBrac島のBolまで向かいます。
スプリットの街とはここでおさらば。

船のチケットの買い方、乗り方、乗り場案内については、別記事にまとめたいと思います。


さて、こんなかんじでこの日のスプリット観光は終了。
唯一の心残りは、世界で最も狭いストリートの一つと言われている「通らせてくれ通り」(Pusti me da prodjem)を通れなかったことですかね…。
場所は、宮殿内のジュピター神殿の横にあります。このあたり。



ま、前日に入れなかった宮殿に入れただけでも良かったし、鐘楼も登れてスプリット市街を一望できたので満足です!

子ども連れの旅行は、予定全然埋まってないほうが良いですし。子どもがぐずってもイライラせずに子ども中心に対応できるしね。ココロが健康なら旅行も楽しめます♡
子ども連れに限っていえば、「やって後悔」よりも「やらなくて後悔」のほうがいいんじゃないかなぁと思ってます。
個人の人生となるとまた話は別ですが(笑)。

ではまた~!
次はいよいよヨーロッパベストビーチに選出されたBrac島のZlatni Ratの様子をご紹介します。


~*~*~*~*~*~
ブログランキング参加しています。それぞれ押してもらえると嬉しいです☆
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ(にほんブログ村に参加しています)
(人気ブログランキングにも参加しています)
(こちらはfc2のランキングです)
~*~*~*~*~*~


かしこい旅、エクスペディア






関連記事

コメント

非公開コメント