2016/10/05

フランス・凱旋門賞☆行ってみた!編~Prix de l'Arc de Triomphe~シャンティイ競馬場

こんにちは、メロントマトです。

先日かかった細菌感染症(検査の結果、溶連菌でした)からすっかり回復した日曜日、凱旋門賞を観に行って参りました。
ので、そのときの様子をば。
チケット購入方法や会場の位置関係の案内などについては、こちらの記事にまとめましたのでご参考に→フランス・凱旋門賞☆チケット購入方法などのまとめ編~Prix de l'Arc de Triomphe~シャンティイ競馬場



☆ ★ ☆ ★ ☆


例年はロンシャン競馬場で開催される凱旋門賞ですが、今年はロンシャン競馬場が改装工事中のため、シャンティイ競馬場にて開催されました。
ロンシャンはパリ市内にあるのだけれど、シャンティイはパリから60km。けっこう遠い。

というわけで、今回はパリ市内から車で行ったのですが、駐車場が気になりましてね、事前にホームページを見たのです。
そしたら、有料駐車場なるものがあるとのこと!
一台10ユーロ。

無料駐車場もあったんだけど(青)、正面の入口(南側)とは逆側。(※このときの私は、北側の入口があることを知らず。)
有料駐車場の位置はVIPやバス専用駐車場の隣だったので、こっちのほうがきっと便利なはず!と思い購入。

パリ市内から車で向かうこと1時間ちょっと、会場に着きました!



だだっ広い芝生の上が駐車場となっています。
このとき既にレースは始まっていましたが(レースは14時に開始。私が着いたのは14:30頃)、まだまだ停められるスペースはたくさんありました。

ここで会場の位置関係をざっと説明しますと、
(こんなの作ってほんとヒマだなわたし)



この図の中央に見えるコースが2016年凱旋門賞の舞台となったシャンティイ競馬場です。
私がクルマを停めたのは、この赤い斜線部分の有料駐車場。


シャンティイ競馬場の隣には、シャンティイ城というお城があります。
駐車場から隣のシャンティイ城を見た写真がこちら。



地図で言うと、赤線の方向です。



逆側(競馬場方向)を見ると、



もう、すぐそこがコースになっています!


さてさて、高鳴る胸をおさえ(大げさw)、駐車場から人の流れに沿って歩いていきます。



地図で言うとこちらね。



そして南側の入口に到着~!



この左手にはチケット売り場もあります。



場所によっては完売になっていましたが、まだ買える席もありました。特にこだわりがなければ、当日会場に来てからチケット購入することもできますね。

また、入口に入る前、すぐそばに大きなスクリーンがありました。



会場に入らずとも(つまりはタダで)、この巨大なスクリーンでレースを楽しむこともできます。

では~~いよいよ会場に入ります!!


…と、ここで問題発生。
実は事前に購入したチケットは、この南側の入口からは入れませんでした。
反対側の北側にある入口から入る必要があるとのこと。

ここで、さきほどのマップでおさらい。



南側(写真下側)に入口(南)があり、コースを挟んだ北側(写真上側)に入口(北)があります。
この間にはコースがあって、会場内に南北間を結ぶ連絡通路はないとのこと。
このため、入口(南)から入口(北)に移動するには、外側をぐるーっと回らなくてはなりません。
歩いたら20分…30分…いや、子どももいるから40分…??

でも!!シャトルバスがありました!!



この青いバスね、南側の入口と北側の入口の間を無料で運行しています。
さきほどのマップにある薄緑色の線で描かれた矢印がこのバスの運行ルートです。


入口(南)から南に少し歩いて大通りに出たところにこの青いバスが待っていました。

これに乗り込むと



すごい、長距離バスのような座席です。
そしてだれもいない~(笑)
ちょーー空いていました。

結局、我が家3人プラスお友達親子2人の計5人貸切状態で出発!
途中、シャンティイ城の横を通り、とーっても素敵な眺めを楽しみながら入口(北)側へ移動して下車。

シャトルバスでラクラク~♩な移動でしたが、
問題は…バスを降りた先もまだまだ道は長かったんです💦



このだだっ広い芝生の上をずーっと歩いて、



やっと入口らしき表示が見えてきました。さらにどんどん歩いていくと、ようやく柵が。



ここにたくさんの人が見えますが、この人たちがいるところは柵の外側、つまり会場の外のため、チケットは必要ありません。
チケットを買わずにここから馬を見ようとしてるんですね。
三脚で撮影しようとしている方々も見受けられました。
帰りにパリで暮らしているというベトナム人にちょっと写真を見せてもらったんですが、馬の疾走する姿の躍動感あふれることといったらもう!
何も遮られることなく間近で写真が撮れるのは、混んでいない会場の外ならではですね。
よっぽど連絡先交換して撮った写真をいただきたかったくらいですが…小心者の私はお願いできませんでしたorz


さ、やっと会場内に入ります!
バスを降りてから、20分弱歩きました。大人だけなら10分で行けるかな…?

ちなみにこちら側にも入口の外側にチケット売り場がありましたよ。



こちら側の入口は、馬のゲートになっていました。
馬の気分で入場です~!

場内はたくさんの人で賑わってはいるものの、椅子はいくつか空きがあり、設置されたテント内にあるお土産売り場やサンドイッチなどの軽食売り場はそんなに混雑していませんでした。



このあたりは一番安いチケット(大人15ユーロ)で入れるところです。
チケットの詳細については、前回の記事をご参考に→フランス・凱旋門賞☆チケット購入方法などのまとめ編~Prix de l'Arc de Triomphe~シャンティイ競馬場

メインの凱旋門賞は16時からですが、その前にも何レースかあります。
これはそのときの様子。



奥の人だかりの先がコースになっています。
そこをどうにか見ようと、きちんとした身なりのご婦人も含めたくさんの人が木でできた椅子やテーブルに靴のまま上がっています。
そしてレースが終われば、みんな元の位置に戻り歓談…。


さて、私はというと、もうちょい高いチケットだったので、ここから少し移動して、階段式のシートに座りました。
そこからの180度パノラマの眺めはこちら。



ゴール手前の最後の直線を見渡せます。
凱旋門賞メインレースが始まる直前の様子ですが、会場の雰囲気が伝わるでしょうか?


右側を見やると、



これからメインの凱旋門賞に出場する騎手と馬が中央に出てきています。
そして奥に見える少し高い建物が、一番お値段の張る席です。左奥のテラスもいいわね~~

ちなみに、最初に間違えて行った南側の入口というのが、このコースを挟んだ向こう側になります。
チケットの種類によって入口が違うとはね…いやー失敗失敗💦
去年のロンシャン競馬場では入口が1つだった気がするんだけどなぁ。。。
初めてのシャンティイ競馬場、勝手が全然わかりませんでした(^^;


では、いよいよメインの凱旋門賞!
スタートしてからしばらくはスクリーンで見ます。
最後のコーナーを曲がり、直線に入ったところでいよいよ見えてきます…!



来たよ~来たよ~



ここで頭一つ抜きん出るもの、失速するもの、ここから追い上げようとするもの、
それら個々の動きがよく見えます。



このあとゴール。
この席ではゴールの瞬間を直接見ることはできませんでしたが、一番スピードに乗ってきた瞬間を見ることができました♡


さて、終わると皆さんパラパラと帰り始めます。
入口から出ると…



広い芝生の上で、サッカーやバドミントンをして遊ぶ子どもたちの姿もありました。
こーんなに広いところなら、子どもも思いっきり遊べますね~!

このあと、せっかくパリから1時間以上かけて来たんだしということで、お隣のシャンティイ城に寄ってから帰りました。

シャンティイ城というのがですね、とってもキレイなんですよ。
凱旋門賞が終わったあとだったのでちょうど夕暮れ時でして、池にくっきりと映るこの姿をご覧ください。



こんな素敵なお城が競馬場の隣にあるんです。
また、お城の庭園内にはレストランがあり、そこで有名なのがクレム・シャンティ!!

なんでも、生クリームに砂糖を加えて泡立てたもの、つまりホイップクリームと言われるものを最初に作ったのがシャンティイ城の宮廷料理人だったとか。
17世紀の話です。

ホイップクリームをフランスではクレム・シャンティイと言いますが(また日本でもホイップクリームのことをシャンティクリームと言ったり)、それはこういうところから来ているんですね。
そう、ホイップクリームはシャンティイ発祥だったんです~~

さ、そのシャンティイ城とクレム・シャンティのお話は長くなりますのでまた次の記事にて!


ではまた~!

~*~*~*~*~*~
ブログランキング参加しています。それぞれ押してもらえると嬉しいです☆
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ(にほんブログ村に参加しています)
(人気ブログランキングにも参加しています)
(こちらはfc2のランキングです)
~*~*~*~*~*~

かしこい旅、エクスペディア






関連記事

コメント

非公開コメント