2016/10/09

パリでの自炊例~マルシェでイワシを買って蒲焼きに♡~

こんにちは、メロントマトです。

パリに住んでいても、やっぱり毎日の自炊は和食系が落ち着きます。
醤油、みりん、砂糖を使えば材料は何であってもなんとなーく日本の味っぽくはなりますが…

美味しい魚が食べたーい!!!と思って、先日マルシェへ出掛けました。



☆ ★ ☆ ★ ☆


こちらね、15区のRue Saint Charles沿いにあるマルシェのお魚屋さんです。



この日はイワシ(Sardine)に目が釘付け♡♡

1kg9.95ユーロ、つまり100gあたり約1ユーロです。
鮮度バツグン!すでに捌かれているので、調理もラクラク♪


そうそう、上の写真では、"Filets de Sardine"って書かれていますが、
Sardine(サーディン)がイワシのこと、de(ドゥ)は英語でいうof、「~の」という意味、そしてFilets(フィレ)は切り身です。
今回は既に切り身となっている魚を買いましたが、捌かれていないお魚を買うときにはお店の人に「フィレ」って言うとさばいてくれますよ~✨


☆ ★ ☆

…っていかにも行きつけなマルシェっぽく書いてますが(笑)、実はここ、先日お友達に案内してもらったばかりのところなんです。
ずっと気になっていたマルシェなのですが、家からちょっと遠くてなかなか行く機会がなくて~(言い訳)
最初に一緒に買い物してくれたYちゃんに感謝です♡

その日以来、足繁く通っておりまして、いくつかブログ用のネタもできつつあります。
マルシェの概要については、今度詳しくまとめてアップしますね!

☆ ★ ☆



で、イワシの話に戻り。
早速、400g買って持ち帰りました。
もう朝から夕飯が待ち遠しかったです(笑)。


さて、夕飯時になって。
400gってこのくらいの量です。



大きさの比較のため、左手の親指と人差し指も添えますね。



けっこうな量!!
夫と私、子どもの3人で十分すぎるくらいです♡これで4ユーロは嬉しい~~✨

ささっと粉をはたいて、



表面こんがり焼いて、



醤油、みりん、砂糖で煮詰めて~



最後にゴマふって完成~!!



あっという間に夕飯のメインになりました~♡
マルシェで買ったイワシは新鮮で厚みもあったので、身がふっくらしておいしかったです♡

これはPicard(*1)よりもマルシェに軍配かなっ!
※Picardとは、冷凍食品専門のスーパー。食材がなかなか良いので、むしろ普通のスーパーで生の食材を買うよりもおいしいことも。詳しくはリンク先を(当ブログの以前の記事です)。


この量、夕飯では食べきれず、翌日幼稚園のお弁当のおかずにもなりました。
早くできておいしくて翌日もラク。最高の一品でした~。

今回は手軽さ優先で蒲焼きにしましたが、つみれにしてもおいしそうだな~~。
またすぐリピートしそうです♡


☆マルシェ情報☆
今後、いくつかお気に入りのマルシェ情報もまとめたいと思いますが、とりあえず今回利用したマルシェはこのあたり。


Rue Saint-Charles(サン・シャルル通り)沿いにマルシェが並んでいます。メトロCharles Michels駅出口2番から歩いて5分くらいです。
営業は毎週火・金の午前中。


ではまた~!

☆ ★ ☆

日常生活の買い物にはこちらを✨









ご旅行の際は、ぜひエクスペディアでご予約を!我が家も毎回利用しています☆

かしこい旅、エクスペディア
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】 航空券にホテルをプラスで、Air+割




~*~*~*~*~*~
ブログランキング参加しています。それぞれ押してもらえると嬉しいです☆
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ(にほんブログ村に参加しています)
(人気ブログランキングにも参加しています)
(こちらはfc2のランキングです)
~*~*~*~*~*~



関連記事

コメント

非公開コメント