2017/08/24

パリで新鮮な食材を得たいときに重宝するマルシェ♡

こんにちは、メロントマトです。

パリに住み始めた方にとって、一番気になる、というか生活に直結する悩みは、食料品をどこで買うか??ということではないでしょうか。

今日は、新鮮な食材を買うのにオススメのマルシェ(市場)を紹介しますね~。



☆ ★ ☆ ★ ☆


…とその前に、パリ初心者の方向けにざっくりとパリの生活事情を書きますと、

こちらでは日本みたいに24時間やっていてほとんどのものが揃う便利なコンビニなんてありません。

まぁコンビニ…と言えるか分からないけどちっちゃいスーパーならいろんな通り沿いにそこかしこあります。(代表的なのはLeader Price Expressかな)
ただし生鮮食品は大抵腐りかけかハエがたかってて買う気ゼロになるし、営業時間も短いし(日曜日は休み、土曜も午前だけ、平日もお店の人の気分で早めに閉まる、20時くらいかな~)

じゃあ大手のスーパーは?といってもこちらも同様、生鮮食品コーナーには腐ったものも平気で混ざってるし(というか場合によっちゃ全部鮮度悪い。たぶん週一でしか仕入れていないお店も)


そもそも日曜日はほとんどのお店が休みになるので買い物自体が不便。
日曜休みってことは必然的に土曜日は激混み。スーパーのレジで30分以上待つことも(AuteuilにあるデッカいCarrefourとかね)。

これは特に子連れにとっては死活問題。

だいたいそんなに混んでるのにお店の人は全く急ぐ気ないし。
片手でゆっくり(或いは止まる)レジ打ちながらケータイで電話しちゃってたりとかWhatsAppやってたりとか(日本でいうLINEのようなメッセンジャーアプリ)。

とにかくパリ生活の中で、買い物というのはとてもストレスのかかるものでした。


☆ ★ ☆

そんな中、唯一といっても過言でない、楽しく買い物できたのがマルシェ。

マルシェってのは、どこどこの通り沿いに何曜日に朝からやっていて、だいたい昼くらいに終わる、というtemporaryな市場です。フランス語ではMarché(直訳すると市場)と言います。
パリ市内の全部のMarchéを紹介するのはほぼほぼ無理なので、ここでは私がよく行っていたMarchéをちょこっとお見せしますね~。


☆ ★ ☆

今日取り上げるのは、パリ15区のメトロ10番線Charles Michels(シャルル・ミシェル)駅から徒歩5分くらいのところにあるマルシェ。
火曜と金曜日に、Rue Saint-Charles(サン=シャルル通り)沿いにお店が並びます。

テントみたいな屋台みたいなね、
軒先にずら~っと。

こちらはいろんな種類のオリーヴ。



こちらは魚屋さん。



上の写真、右側に見えるのがホタテ(Saint Jacques: サンジャック)です。
殻付きのまま買ってもいいし、殻が邪魔なら中身だけ取って袋に入れてくれますよー。

とにかく鮮度が良くて、歯ごたえも最高なんです♡
せっかくフランスにいるなら、日本じゃお高くてなかなか手の出せないエシレバターもふんだんに使ってホタテのバターソテーもいいですね~~✨
私もよくこのマルシェでホタテを買ってはエシレバターでソテーしてました…


魚はこんなふうに一匹丸ごと置かれていますが、お店の人に「Filets, S'il vous plaît」(フィレ シルブプレ)っていうと捌いてくれます。



filets(フィレ)っていうのは、三枚におろした切り身のこと。

ちゃんとした文章で言うと、
Pouvez-vous me préparer les filets?
(プヴェ・ヴ・ム・プレパレ・レ・フィレ?)
ってなりますが、もうフィレ シルブプレで十分でしょう!(笑)

いやそりゃあ、フランス語が堪能だとか、語学はしっかりやるべき、とか考えてる人にとっては批判したくなるかもしれませんが、、ねぇ、、
言葉なんて通じりゃ十分!ただでさえ子育てでそんな覚える時間ない~!って方は、どーぞどーぞ「フィレ シルブプレ」で。


というか、こちらのマルシェはシャルルミシェルから近いという立地のためか、お店の人たちはフランス語が苦手な人にもすごーく慣れているんです。
ここの界隈、日本人がとても多いしね。「Sa Shi Mi」(刺身)も通じるし、「アリガトウ」って言ってくれるお店の人もいるし。
引っ越してきたばかりでマルシェでの買い物がドキドキって方にとっては、マルシェデビューしやすいところですよ~(^ ^)


こちらはイワシ(Sardines)です。



これもよく買ってました。
写真のは既におろした状態のもの。

店によって、既におろされてるか丸々そのままか、違いがあります。
(こういう小さい魚だと、フィレ シルブプレ!って言ってもおろしてくれない場合もあり。おろされた状態のイワシを買いたければ、既におろされてるお店で買うべし!)

私はこのイワシにもたーくさんお世話になりました。
粉つけて揚げてフライで食べてもいいし、片栗粉で揚げ焼きのようにしてから醤油砂糖みりんで蒲焼にしたりね。飽きたらカレー粉付けても。

スーパーで売られてるのより厚みがあって、ふっくらとしましたよー♡


さてさて、こちらは野菜のマルシェ。



ちょっと分かりにくいですが、写真左側に緑の葉っぱが積み上げられているのが分かるでしょうか。

こちらはほうれん草です。
日本と違ってフランスではほうれん草は葉っぱ一枚一枚がバラで売られています。

このような野菜は量り売りですが、葉っぱはカサがあるので、何グラムと言うよりビニール袋一袋分と言ったほうが伝わりやすいです。


あと、ぜひぜひ試してもらいたいのがこちら!



手前にベローンと白く長細いのが何本も見えると思いますが…これ、牛タンです!!
一番左の大きいのが大人の牛タン。右側のすこし小さめのが仔牛のタン。
仔牛のほうが柔らかくて個人的に好きです。
タン1枚で10ユーロくらい。自宅での焼肉に最高ですよ~!

ちなみに表面の白っぽいところは取り除いたほうが食べやすいです。一旦冷凍しておくと包丁で削ぎ落としやすいです。




ではでは、手元にあまり写真がなかったので、今日はこのへんで~。

ではまた~!

☆ ★ ☆ ★ ☆

~*~*~*~*~*~
ブログランキング参加しています。それぞれ押してもらえると嬉しいです☆
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ(にほんブログ村に参加しています)
(人気ブログランキングにも参加しています)
(こちらはfc2のランキングです)
~*~*~*~*~*~

関連記事

コメント

非公開コメント