2016/10/17

パリのイベント情報☆モーターショー2016

こんにちは、メロントマトです。

今年10月1日から16日まで開催していたパリ・モーターショーに行って参りました!
最近はもっぱら公園情報よりもイベント情報とかの更新になっていますが…これも一日中外で遊ばなくても満足するようになってきた息子の成長の証ですかね。

では、そのモーターショーの様子をお届けします~。混んでるの?会場内にごはん買えるところは?座れる場所はある?など気になる点ついても触れていきま~す。再来年以降のご参考に!(※偶数年の開催です。)


☆ ★ ☆ ★ ☆

~パリモーターショーとは?~

モーターショーの様子をお伝えする前に、まずは「パリモーターショー」の概要についてちょっとだけ触れておきます。

パリモーターショーとは世界5大モーターショーのうちの一つ。
※ほかの4つは、東京モーターショー、フランクフルトモーターショー、北米国際オートショー、サロン・アンテルナショナル・ド・ロト(スイス・ジュネーヴ)です。
その5大モーターショーの中でも、パリモーターショーは1898年に創設された、世界で一番長い歴史を誇るモーターショーです。

ちなみに簡易的にパリモーターショーと言っていますが、正式名称はMondial de l'Automobile(モンディアル ドゥ ロトモビル)です。

西暦偶数年の10月前半に開催。(年によっては9月後半から)
今年は2016年、偶数年ということで、10月1日から16日まで開催していました!

開催場所は、Porte de Versailles(ポルトゥ ドゥ ヴェルサイユ)にある巨大な見本市会場。
いくつかに分けられている複数のパヴィリオン、合計125,000㎡もの面積があります!!

このPorte de Versaillesの巨大な会場は、今年の春頃にフランス農業見本市が開催された場所と同じです。

ちなみにそのときのフランス農業見本市の様子はこちらの記事に↓
農業大国フランスが魅せる国際農業見本市~Salon International de l'agriculture~そしてフランスが抱える農業問題点
自分で言うのもなんですが、かなりの時間を使って書き上げた、読み応えあるものになっていると思います!
ちなみに農業見本市のときの会場使用面積は、なんと現在開催中のパリモーターショーの約2倍だったんです。それはそれはもう回り切れないほどの広さ~。そして飲みきれないほどのワイン試飲の量~。いま思い出すだけでも頬が緩みますw



で、今年のパリモーターショーの特徴は、電気自動車!!!
たとえばフォルクスワーゲンは1回の充電で最長600kmを走れるコンセプト車を発表しています。

なんでかっていうと、フォルクスワーゲンは去年ディーゼル車の排ガス試験で不正があったのだけど、これを受けて電気自動車の販売台数比率を1%から25%に引き上げようとしているわけね。
フォルクスワーゲンに限らずなんだけど、詳しくは日経新聞のこちらの記事を→VW、背水のEVシフト パリ自動車ショー

なんてったって、ドイツの連邦参議院が「2030年以降はinternal combustion engine搭載の自動車(つまりはガソリン車とかディーゼル車っていう内燃機関を持つクルマ)を禁止する」という決議を採択したっていうんだからオドロキ。
詳しくはこちらのフォーブス誌の記事を↓
http://www.forbes.com/sites/bertelschmitt/2016/10/08/germanys-bundesrat-resolves-end-of-internal-combustion-engine/#2629576c31d9

いや~時代はほんとに電気自動車になってきたのね~~。
10数年前、電気自動車を開発したい!って意気込んで九○大学へ入学した高校の同級生、いまは夢を叶えている頃かしらん。わたしはその頃、完全に素粒子!とかゲノム!とかいうコトバに踊らされて、挙句なにもできなかったクチだけど。


☆ ★ ☆

~2016年パリモーターショー開催期間と時間・チケットなど~

開催期間は、2016年10月1日(土)~同月16日(日)の16日間。
時間は、
開催日のうちの木・金曜日(10月6, 7, 13, 14日):10時から22時まで
それ以外の開催日:10時から20時まで


チケットは公式ホームページから購入することができます。
http://www.mondial-automobile.com/en/paris-motor-show-tickets/

大人一人16ユーロ。
子どもは9歳まで無料。
10歳~25歳までは、子ども1人+付き添いの大人1人のセットで25ユーロ。(つまり実質子ども1人9ユーロ)
子ども2人+付き添いの大人1人のセットで34ユーロです。

これ、大人1人に対して10歳~25歳の子供が3人以上いたらどうするんですかね…。子どもの分だけを追加で買うことができない変な仕組みです。

チケット購入画面にアクセスすると、15分で一度セッションが切れます。そうすると(チケット枚数指定してカード情報入力中であっても)それまでの入力情報が一度リセットされますのでご注意ください。


駐車場などの情報が記載されている会場全体の案内図がこちら↓
http://www.mondial-automobile.com/en/useful-information/getting-to-the-show/


会場内のマップはこちら↓
http://www.mondial-automobile.com/en/useful-information/map-of-the-show/
各パヴィリオンの中に、どのメーカーの展示があるか、トイレの位置、飲食スペースなどが詳しく書かれています。


また、なんとチャイルドケアセンターも設置されています!
4歳から10歳のお子さんであれば、預けることができますよ。11時から19時まで。
詳しくはこちら↓
http://www.mondial-automobile.com/en/useful-information/services-and-food/


☆ ★ ☆

ではでは、実際行ってみたときの様子を以下、お届けしますね!
(なんかもう上の情報だけで十分じゃないかという気もしないでもないけど)


~2016年パリモーターショーの様子~


私が訪れたのは10月9日、日曜日です。

この日はちょうど"20 kilomètres de Paris"というマラソンがパリ市内で開催されており、いくつかの道路が不通になっていたんですね。
こんなふうに↓
fc2blog_20161012170326492.jpg

これ、16区のBoulevard Exelmans(エクセルマン通り)です。こんなふうに車両が通行止めになっていました。
(写真の中で見えるクルマは、すべて道路脇に駐車している車たちです。レッカーはされなかったみたい。)

16区の我が家から15区にある会場Porte de Versaillesまで行こうとすると、バスPC1に乗って終点Pont du Gariglianoまで行き、そこからトラム3aに乗り換えてPorte de Versaillesまで、という経路なのですが、
PC1のバス停に行くと、なんと待ち時間が44分!
ムリ~~待てない~~。

で、タクシーで行きましたが、途中も通行止めの道があり、かーなり大回りして向かい、時間もお金も普段の2倍くらいかかってしまいました。


さて、なんとか辿り着いた会場前。



入口の手前でセキュリティチェックがされており、すこーし並んでいました。
でも、5分も待たずに入場できました。(1~2分だったかしら?)

このとき11時40分。
結論から言うと、お昼を過ぎるとかなりの列ができていましたが、午前中はたいして混んでいませんでしたよ。


☆ ★ ☆


複数ある会場の入口のうち、私はパヴィリオン1に近い入口Vから中に入りました。

あらかじめ印刷してきたチケットのバーコードをかざして中に入ると、まず目につくのがバイクです。

YAMAHA YFZ50 2399€



これ、4歳~の子ども向けのバイクです。
展示されているバイクは、座ってOKなものとダメなものがあります。
3歳の息子も座るだけなら✨
もうこの時点から息子はテンションあがりまくりです。(親バカ)


もちろん、大人向けもありますよ!というか当たり前だけど、こっちのほうが多いです。



YAMAHA, KAWASAKIは基本的にすべてのバイクに乗ってOKでした。



初っ端からちょっと私も興奮してしまって、ブログ用の写真(子どもが写ってないもの)を撮っていませんでした💦親バカで載せてるわけではないのでご勘弁を(^^;




さて、いよいよパヴィリオン1の中に入ります~。



まずはRENAULTでしょ、



お~開く開く!



CITROENもあるし、



てゆーか、やっぱり見たいのはFerrariよね。



リケジョと言われる私、実はクルマにはそんなに詳しくなく、単なるミーハーです。
高校時代にはよく夜中にF1見てましたけれど、もーいまはサッパリ。
(あ、ちなみに下の写真は違います)



F1観ていた頃はミカ・ハッキネンが好きで、そのあとキミ・ライコネンのファンに。F1ではフェラーリではなくマクラーレン派だったのです。ライコネンがなかなか優勝しなくてね~、レースのあと「また2位だよ」って話していた会見のときの表情は今でも覚えてるわ。
そういえば二人ともフィンランド出身。そうそう北欧メタルにもハマってたなぁ。好きで好きでよく聴いてた曲はいまでもちょっと耳に残ってるけど、なぜかバンド名と曲名はぜーんぜん思い出せない。
今と違ってiTunesとか無かったしねぇ。


なーんてことを思い出しながら、会場内をぶらぶらしていました。



部品展示のエリアもあって、触り放題。
なんかマニュアル車が好きな男になりそうだな。(ちなみに夫はマニュアルめんどくさいと言ってオートマ派)

ゲームもありましたよ。4人がそれぞれボタンで画面上の車を動かして競っています。




各メーカーのブティックもね。

ルノーでは、赤ちゃんのロンパースがありましたよ~。



スズキでは、日本語入りのTシャツも。



こういうのを見ているだけでも楽しいです。


さて、パヴィリオン1からエスカレーターで上がっていって館内を移動すると、次はパヴィリオン2.2に~。



ここでジュースを無料で配っているブースがあったので、いただきました。
このほか、ゼリーなどももらえましたよ~。

またパヴィリオン2.2には、クルマのおもちゃもたくさん…



すーっごいたくさんの種類の消防車が揃っています!!!
はしご車、ポンプ車、すいそう車、救助工作車などなど…



トミカ トイズドリームプロジェクト 出場指令!消防車両コレクション UDトラックス クオン 大型水槽車
チョロQ レスキュー隊 救助特殊工作車 日本


…これには息子よりも私のほうが興奮してしまったかも。
日本語(か中国語?)のものもあったわね。




消防車以外にも、見つけちゃった…



すごーい、本物はもちろん買えない~、おもちゃも買えないレベル~(笑)



でも欲しいな♡♡



結局、フェラーリ1台(65ユーロ)を購入しました。
翌日子どもに壊されてしまったんだけど…。

ブラーゴ 1/18 フェラーリ 488 GTB ベルリネッタ(レッド)


あとね、こちら。



これ何かっていうと、ハンドルを回すとタイヤが動く仕組みが分かるように、構造が見れるようになっているんです。



おもしろ~い。
3歳の息子にはまだちょっと早かったようですが…



☆ ★ ☆

~会場内の飲食について~

最後に、会場内で食べ物など売られているか?という疑問にお答えします。

いくつかのパヴィリオンの中には、PAULが入っています。



ここではサンドウィッチ、ピザ、クロワッサン、その他焼き菓子などを買うことができます。もちろんドリンクも。
屋外にもPAULはありました。

また、"BORD DE MER"という特設レストランもありまして、フランス語で"MER"とは海という意味の通り、カキやムール貝などの料理をいただけます。



こちらがメニュー。カキはフランス語でhuître, ムール貝はmouleですよ。フォアグラのサンドウィッチなんてのもありました。



また、屋外ではさきほど挙げたPAULのほかに、クレープやハンバーガーなどを売っているお店もたくさん出ていました。
どこも昼過ぎからは混んでおり、ドリンクも値段設定高めなので(お水500mlで2~3ユーロなど)、あらかじめ準備して持ってきたほうが無難と思います。←イベント会場への飲食の持ち込みはOKです。


ちなみに会場の混雑具合は、このようなかんじです。



上の写真はモーターショー開催期間中のちょうど真ん中、日曜日、14時頃の様子です。
午前中は空いていましたが、昼すぎからどんどん混雑してきました。
といっても、人気のコンセプトカー展示まわりはぎゅうぎゅうでしたが、そこから少し離れると会場全体としては身動き取れないほどではなく、ベビーカーのまま移動している子連れ家族もちらほら見かけました。


ではまた~!

☆ ★ ☆


ご旅行の際は、ぜひエクスペディアでご予約を!我が家も毎回利用しています☆

かしこい旅、エクスペディア
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】 航空券にホテルをプラスで、Air+割

日常生活の買い物にはこちらを✨









~*~*~*~*~*~
ブログランキング参加しています。それぞれ押してもらえると嬉しいです☆
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ(にほんブログ村に参加しています)
(人気ブログランキングにも参加しています)
(こちらはfc2のランキングです)
~*~*~*~*~*~



関連記事

コメント

非公開コメント