2016/12/13

パリ郊外のイチオシ公園!Parc de l'ile Saint-Germain(イル・サン=ジェルマン公園)

こんにちは、メロントマトです。

パリもめっきり寒くなってきました。
が、子どもは風の子元気な子~♪という言葉の通り、息子は相変わらず公園で遊んでいます。
4℃の中を帽子も被らず、手袋も付けず…

まぁ本人が寒いと感じたら帰ると言うだろうし、いっか~と半ばあきらめてますが
そんな中、新たな公園を開拓して参りました。

それが、今日ご紹介する公園「Parc de l'ile Saint-Germain」(イル・サン=ジェルマン公園)です~。
以下、イルサンジェルマン公園と書きますね。
久しぶりの公園情報更新ということもあり…長いですよ、長いです。

ではぜひご一読くださいませ~!



☆ ★ ☆ ★ ☆

イルサンジェルマン公園は、パリ郊外ブローニュ・ビヤンクール(Boulogne-Billancourt)とイシー・レ・ムリノー(Issy-les-Moulineaux)の間を通るセーヌ川の中州にある公園です。

まあ文字であーだこーだ書かれたのを読むより地図で一発見たほうが早かろう、ということで、はい、こちら↓


住所:170 Quai de Stalingrad 92130 Issy-les-Moulineaux France

アクセス詳細は下に書きますね~。

で、ここの場所、パリ16区の南のほうに住んでいる私からすると意外と近いんです。
以前から気にはなっていて、でもなかなか行く機会がなく…(息子の怪我とか風邪とか怪我とか風邪とか)

ですが先日、ビヤンクールに住むお友達からこの公園に誘ってもらったので、遂に行って参りました。

結論は…もっと早くに行っていればよかった!去年知っておきたかった!!です。

これまでの時間が勿体ない。と思うほど、良かったんです♡♡


☆ ★ ☆

ではでは公園レポート始めます~。

16区に住んでいる我が家からは、まずバスPC1でPorte de St Cloudへ、
(※Porte de St Cloudはメトロ9番線のほか、バス62番、72番なども通っています)
そしてPorte de St Cloudからバス189番に乗り換えて行きました。

こちら、189番のバスの中。



空いてます…



めっちゃ空いてます…!!

さすが100番台、郊外型バス!!!
快適~~♪

「ここの席じゃないとイヤだ~~」というこだわり男児を持つママさんたち、ぜひぜひ郊外の空いているバスに乗って、子どもの好きな席に思う存分座らせてあげてください~(^^)
我慢も必要だけど、時には好きなこと思いっきりさせてあげたいよね♡なーんて。


さて、セーヌ川の橋を渡る直前のバス停で降りて、徒歩でPont d'Issy les Moulineaux(イシー・レ・ムリノー橋)を渡っていきます。
そこから北東方面を見やると、



真っ青な空と、遠くに見えるエッフェル塔。そして少し手前に浮かんでいる気球。
こんな素敵な景色を見ると、冷たい空気のことも忘れて気分は晴れ晴れ!

清々しい気持ちで橋を歩いていくと、橋を渡りきる前に公園の入口が見えてきました。



そう、セーヌ川の中州にあるこの公園は、橋の途中に入り口があるのです~。



中に入ると、道が二手に分かれています。
遊具のあるエリアに行くには、左側の道を進んでください~



すると、見えてきました~広い遊具エリア!!



地面は、遊具付近は柔らかい素材になっており、遊具から少し離れると芝生で覆われています。
これはのびのびと遊べますね~♡




こちらの遊具エリアはこのあたりですよ。




大きな遊具は縄梯子がたくさん付いていて、遊べる仕掛けがいっぱい!



滑り台は広いので、いろんな姿勢で楽しめちゃいます(^^)




対して、小さい子向けの滑り台はというと、

わー♡ちっちゃーい♡かわいい♡♡



よく見ると滑り台の左右が、鏡になっていたり透明な板がついています。



1歳なら、これだけで親といないいないばあしたりして、たくさん遊べそうですー✨

あとね、一人乗りのスプリング遊具もデザインに注目!
女の子の横顔や、



リスもいますよー♪



そしてそして、こんなものも!



”les bruits de la forêt”と書かれていて、直訳すると「森の音」。
近付いてよく見てみると、



あ~そういうこと!!
乾燥した木の実の殻などが入っています。

これを回すと、「カラカラ」「さらさら」と音がします(^^)

ほかにも背の低い電車のおもちゃなどがあって、1歳児でも遊べる遊具が盛りだくさん☆



ちなみに、上の写真(↑)に写り込んでる謎の建物がありますが、こちらは常に入れるわけではありませんが、ときどきOKな日もあるとか。中は空洞ですが、登れるようになっているそうです~(友人談)

トラクターは、もちろん運転ごっこもできますが、その下が空洞になっているので、かくれんぼにも最適ですよ。



また、こちらのシーソーはスタイリッシュなデザイン☆



1歳児にはちょっとハードル高いようですが、ママに支えてもらえれば振動が楽しくって大はしゃぎ~!



そしてそして、なんとこの公園の遊具で、一番の特徴と言っても過言でないのは、こちら!!



ブランコがあるのですー✨

パリにお住まいの方、以前住んでらっしゃった方はよくご存知かと思いますが、実はパリにはブランコが設置されている公園がほとんどありません。
ブランコがあるところとして思いつくのは、アクリマタシオン公園(有料)、Ranelagh公園(有料、しかも箱型で通常のブランコとは異なる)、パリ郊外・ムドンの森の中の公園など、数えるほど。
ちなみにアンドレ・シトロエン公園などでは、過去にブランコがあった形跡が見受けられます。安全性のためにいつからか無くなったのかどうか…定かではありませんが。


一般的なブランコは2つありますが、その横には小さい子向けのブランコも。



すっぽりと足を通して腰が固定されるブランコなので、まだしっかりと姿勢を保つことが難しい子も楽しめますね~✨


さて、メロントマトの”公園レポート”と言うからには、遊具の紹介だけでは終わらせません~!
一通り遊具で遊んだあとは、もう少し公園の南西方向に移動です~~♪

こちら、移動中の公園内の道ね。



いやーもう外好きにはたまらんです♡♡(←注:息子目線。私は別にそんなに発狂するほど好きではない…
道の両端の落ち葉で覆われている斜面だけでも、1時間やそこら遊べそうですな。

この日はトロチネットで来まして、ぐんぐん坂を下ったり(途中カーヴになってる坂があるのです)縁石にわざと乗り上げたりまた戻ってきたりと、縦横無尽に運転してました。
ときどきジョギングしている人が通る以外は、完全に独占状態の道なので、自由にのびのび走り回ることができます(^^)


しばらく行くと、なんと馬小屋が見えてきました…!!



場所はココ。


馬小屋の中には実際に馬がいて、外から覗くこともできますが、なんと馬小屋の中に入ることができるんです!
中央のドアが開いているときは、関係者以外も自由に出入りできます。

ですが~~、残念💦
この日は、ちょうどお昼時だったためか、中央のドアが閉まっていて中に入ることはできませんでした~(T_T)

でも、外からお馬さんたちがごはん食べている様子を見ることができましたよ!

ちなみに、夕方になると乗馬クラブの小学生たちが手前のグラウンドで馬に乗っているのを見ることができるとのことです。
学校終わりの子どもたちが乗馬クラブだなんて、なんともオシャレ…✨
(日本だと乗馬は富裕層の習い事というイメージがありますが、こちらでは割と一般的です)


さて、もうちょっと進むと、また別の遊具エリアが見えてきました。



場所はココ☆


こちらは対象年齢が小学生以上と書かれており、平日の夕方までは人っ子ひとりいません~。

もうお昼時というのに、さすが冬というか、陽の当たっていない場所は霜がおりています。
滑らないようにご注意を!




そうそう、気になるトイレ情報ですが、先ほどの馬小屋の裏側のほうに無料トイレがあります。
冬でも使えるのは嬉しい!
(※パリ市内の公園では、場所によっては冬季に水が通らなくなり(おそらく水道管凍結防止のため)水道もトイレも使えないところが結構あります~)

"Le Débarcadère"というちょっとした売店が馬小屋の裏側にあり、このすぐ近くにトイレがありますよ~。


売店自体は、午前中~昼過ぎは通常閉まっており、午後3時前後から営業するようです。(トイレはいつでも使えます)


さて~もうちょっと歩いていくと、芝生がたーくさん広がっています!!

イルサンジェルマン公園芝生の位置

冬なのにきちんと手入れされた芝生なんです!
こんな広々とした場所で、1歳児の歩行練習&遊びに延々と付き合いたい~~♡
(もう我が子は3歳ですが…遠い昔…笑)

一緒に遊びに来た友達親子とブラブラしてたら、楽しすぎて写真撮り忘れちゃいました。
というか、最近スマホの調子が悪くてねぇ…まだ電池余裕あるのに突然切れちゃったりするんです。
もう一度行ったら芝生のところの写真追加したいと思います~。

んで、もう一つオススメなのがこちら。



芝生エリアの一角なのですが、なんか屋根みたいなのがある~と思って近づいたら、

fc2blog_201612130918131d2.jpg

これ、時期が来れば一目瞭然なのですが、藤なのです✨

fc2blog_20161213091825ea7.jpg

天井を覆うように張り巡らされている藤。
来年の5月くらいかな、紫の藤の花が鈴なりになる姿を観察できるのではないでしょうか…(^^)


☆ ★ ☆


さて~、イルサンジェルマン公園レポートはここまで、ですが、
実はこちらの公園のすぐ近くに、”River Cafe”なるレストランがあります。

以前からイルサンジェルマン公園は気になっていて、昔Google Mapで見たときに発見したお店。



ね?近いでしょ?
というか、目の前でしょ♡

”River Cafe”という名前からして、もう絶対行くっきゃない!と思っていた私、午前~昼過ぎにかけての公園遊びの帰りに母子ともどもハラペコ状態で寄ってきました。

詳しくは、また別の記事としてアップしたいとは思いますが、いつになるか分からないので、以下ちょこっとだけ書きますね。

冒頭の公園入口に面したPont d'Issy les Moulineaux(イシー・レ・ムリノー橋)に戻って、そこから来たバス停とは逆方向のセーヌ川対岸へ。

川沿いに船が横付けされています。



これがレストランなんですよー✨
もうこの時点でワクワク☆

入ってみると~



カフェという名前なのにきちんとしたレストラン!?💦
客層は明らかにアッパークラスなかんじで、男性はスーツ、女性はドレッシーな服装。
ちょっと公園帰りの私と息子は浮いていたのですが(私はジーパン、息子はトレーナー←せめてネルシャツにすれば良かったぁ💦)、店員さんは快く席に案内してくれました。

価格はけっこうお高め。
でも、初のイルサンジェルマン公園を満喫した私は、とっても気分良くって白ワインも注文しちゃいました♡



一応、ハーフボトルにしましたがね…💦

店内もノエル仕様の飾りがなされていましたが、お店(船)の外、船着き場のところにも真っ赤なクリスマスツリーがありましたよ✨



このときにはまだクリスマスシーズンのギャラリーラファイエットやシャンゼリゼ通りのクリスマスマーケットにも行っていなかったので、こちらのレストランですっかりクリスマスモードを味わえたのでした♡
しかも真っ赤なツリーだなんて、より一層気分が華やぐわぁ♡
(これで服がきちんとしてればね…w)


☆ ★ ☆

さて、帰りはバスに乗ろうと思いましたが、酔い覚ましを兼ねて歩くことに。
自宅まで2kmくらいですし、息子もまだまだ元気でしたので。

途中、また新たな公園を開拓して、帰路に着いたのでした。



結局、この日は朝10時に自宅出発~11時から公園遊び~13時半にRiver Cafeにて昼食~15時に別の公園~17時帰宅、という、冬シーズンなのに7時間外出の一日でした。

よく「子どもが超外好きなので、夏は毎日10時間くらい子どもと外で遊んでた~」と言うとビックリされるのですが、こうしてみるとあっという間じゃありません??


☆ ★ ☆

最後に!アクセス情報!

【イルサンジェルマン公園】

住所:170 Quai de Stalingrad 92130 Issy-les-Moulineaux France


トラム2番:Issy Val de Seine駅もしくはその隣駅Jacques-Henri Lartigue駅から徒歩5分(遊具エリアに行くには前者、馬小屋や芝生エリアに行くには後者のほうが近い)
RER C線:Issy - Val de Seine駅から徒歩5分
バス189番:Quai du Point du Jourから徒歩5分(但しPorte de St Cloud方面の場合はこのバス停には止まらないため、Issy - Val de Seine RERをご利用ください)

※トラム2番は、トラム3番とPorte de Versaillesで接続しています。パリ南部のトラム3番が徒歩圏内の方は、意外とイルサンジェルマン公園までのアクセスが良いですよ~☆(或いはバス62番でPorte de Saint Cloud→バス189番乗り換えもアリですね)
※バス189番のルート詳細はこちら→http://www.ratp.fr/informer/pdf/orienter/f_plan.php?nompdf=189&loc=bus_banlieue/100


ではまた~!

☆ ★ ☆ ★ ☆

~*~*~*~*~*~
ブログランキング参加しています。それぞれ押してもらえると嬉しいです☆
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ(にほんブログ村に参加しています)
(人気ブログランキングにも参加しています)
(こちらはfc2のランキングです)
~*~*~*~*~*~



関連記事

コメント

非公開コメント