2016/12/07

パリ、大気汚染により車の交通規制実施中!そしてメトロやバスは無料~!

こんにちは、メロントマトです。

なんだか最近外を歩いていると、あれ~目がかすむな~目を酷使しすぎてるからかな~なんて思ってたのですが、これ、私の目が疲れて霞んでたんじゃなくて大気汚染だったようです。

というのも、昨日と今日にかけて、大気汚染の悪化によりパリ市内および一部近郊にて自動車の運転制限がかけられているのです…


☆ ★ ☆ ★ ☆

これ、結構重要なことなので、先に結論まとめておきますね。

本日2016年12月7日は
・偶数ナンバーの車はパリ市内および一部近郊地域を走ってはいけない
・これを守らないと、反則金22ユーロとられる
・但し3人以上乗る場合はOK
・電気自動車やハイブリット車は規制の対象外(=走って良い)
・公共交通機関や自転車・電気自動車の貸し出しはタダになる

(ちなみに昨日12月6日は、奇数ナンバーの車の走行が禁止されていました)

☆ ★ ☆

ま、これだけで読むのやめて全然いいのですがw
この機会にちょいとフランス語もかじっちゃおう!という方は、そのままお読みくださいませ。

☆ ★ ☆


先ほど子どもを寝かしつけたあと、そのままゴロゴロしながらFacebookを見ていたら、こんなのがフィードに流れてきました。




最初に"Pollution"ってありますが…フランス語だけど、まんま英語ですね。汚染。


で、次の単語が、
La circulation alternée

circulationは英語でもスペルは同じcirculation(循環), 或いはtraffic - 交通。

alternéeって、英語のalternateに似てるじゃない?
alternateってさ、代わりの、とか、交互の、という意味。

これがピンとこなかったら、"alternative"はどうかしら?
alternativeは、職場のカタカナ英語で使ってる人も多いと思いますが。オルタナティブってよく言いません?
代替、ね。
第一案がダメだったらオルタナティブで~。とかってね。

で、話戻って、フランス語でもほとんどスペル同じで、alternée - 交互の。

よって、La circulation alternéeは「交互交通」という意味。


そして文章途中で出てくる単語、impairというのは奇数の意味。


というわけで、要は、
12月7日は、ナンバーの最後の数字が奇数の車だけ走っていいよってこと。

つまり、偶数の車は走っちゃいけないんです。

どこを走っちゃいけないかというと、地図に示されている通り、パリ市内とその近郊の一部です。


そして最後の文章は、
Les transports en commun sont gratuits en Île-de-France.

この中の"gratuits"ってのは「無料」っていう意味。
transportsは英語でもそのままtransportだし、communは英語でcommon、似てるね。

訳すと、「イルドフランス圏内では公共交通機関が無料です」ということ。


詳しくはこちらのリンク先を~☆
http://www.paris.fr/pollution-stationnement-residentiel-gratuit


これ一応読み込みますと、

VélibとAutolibも無料になるとのこと。

Vélibというのはパリのあちこちで見かける自転車貸し出しシステムで、Autolibは電気自動車の貸し出しシステム。
どちらもこの日は無料になるんだそうで~。

あと、住宅街の駐車場(おそらく道端の駐車スペースのことと思われる)も無料になる。

つまりは、
大気汚染がひどいから、車は駐車場に停めて、自転車か電気自動車、或いは公共交通機関で移動してね~、その代わり駐車場代も自転車も電気自動車も公共交通機関もタダにするからさ、
ということね。

守らないとどうなるか…?
それも書いてあります。
Toute personne ne respectant pas cette mesure s’exposera à une contravention de 2e classe d’un montant de 22 €

反則金22ユーロとられるようです。


そして最後にもう一つ!!
リンク先の下のほうに、こんな文章があります。
Les véhicules considérés comme "propres" (électriques, hybrides, fonctionnant au gaz) et les voitures transportant au moins trois personnes.

3人以上乗る場合は偶数ナンバーの車も走行可能とのことです。


というわけで、もう一度まとめると、本日2016年12月7日は
・偶数ナンバーの車はパリ市内および一部近郊地域を走ってはいけない
・これを守らないと、反則金22ユーロとられる
・但し3人以上乗る場合はOK
・電気自動車やハイブリット車は規制の対象外(=走って良い)
・公共交通機関や自転車・電気自動車の貸し出しはタダになる


ちなみに、前日12月6日は、奇数ナンバーの車が走行禁止でしたー。

もちろんこの日も公共交通機関は無料だったので、貧乏性の私は、
自宅→バスで出かける→目的地1→さらにバスで出かける→目的地2→メトロでさらに移動→目的地3→バスで帰る→自宅、
と、本来なら4枚カルネを使う行程を経てきました。

これ、無料だったらもうちょっと効率良く移動したかなー笑

さてさて、今日もバスやメトロはタダ。
移動費タダでたくさんお出かけしてきたいと思います!!!


ていうか…もしかして、もしかして、シャルルドゴール空港までもタダ?!
オペラから出ているRoissy Bus、タダなの?!
(シャルルドゴール空港はイルドフランス圏内)

すっごく気になる。
もしタダなら、気軽に空港往復できちゃうじゃない。飛行機好きのお子さんには最高かも?!

なーんて考えちゃいました。
(まぁ、タダになったそもそもの原因は大気汚染なので、タダだからって無駄に移動して良い、という理屈にはならないのですがね…)


ではまた~!

☆ ★ ☆ ★ ☆

~*~*~*~*~*~
ブログランキング参加しています。それぞれ押してもらえると嬉しいです☆
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ(にほんブログ村に参加しています)
(人気ブログランキングにも参加しています)
(こちらはfc2のランキングです)
~*~*~*~*~*~



関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: ロワシーバス

A.Y.さま
ロワシーバスも無料だったのですね!!
ご丁寧に情報くださって、ありがとうございます(^^)

今回は結局金曜まで4日間連続でナンバーによる制限がなされましたね。
でも車半減したにもかかわらず、今日も依然とパリの空は霞んでいます…
喉が痛いのも風邪なのか大気汚染が原因なのか。。

そして何より寒いです~。
パリは午前中4℃で、2時間外を歩いていたら足の先から体の芯まで冷え込んでしまいました。
ご家族がパリに旅行中とのこと、お風邪を召しませんように。

日本はいま暖かいのですね。
でも空気は乾燥していらっしゃるでしょうし、A.Y.様も体調にはお気を付けくださいませ!