2017/01/28

パリで気軽に入れるレストラン~子連れでムール貝食べたいならココ!Léon de Bruxelles(レオン・ドゥ・ブリュッセル)~

こんにちは、メロントマトです。

最近食べ物系の話が続いていますが、今日もレストラン情報です。(次回は食べ物以外の話にしましょうかね〜)
…と言っても、在仏歴数ヶ月もあればもう皆さんご存知かしら?あの有名なチェーン店、レオンです!

というわけで、今日は超々フランス初心者向けの記事ですので、こんなことくらい知ってるわよっというフランスに詳しい方は適度にスルーくださいませ~(^^;

なお、今日は超々初心者向けということで、メニュー表や店員さんとのフランス語でのやり取り(そんな大したこと言ってるわけではありませんが)も軽く解説しますね~!



☆ ★ ☆ ★ ☆

Léon de Bruxelles(レオン・ドゥ・ブリュッセル:以下、簡略のためレオンと表記します)とはムール貝専門のチェーン店です。

店名にブリュッセルと名の付く通り、本店はフランスではなく、その隣国ベルギー。
このブログの名前は「メロントマトの子連れパリ事典」だというのに本日取り上げるお店レオンはフランス発祥のお店ではないのですが(💦笑)、でもフランス・パリ市内にも9店舗ありますし、なんといっても子連れにはとっても入りやすいお店なので紹介しちゃいます✨✨


パリ市内にある9店舗のうち、私が行ったことがあるのは、
1. モンパルナス店(82Bis Boulevard du Montparnasse 75014 Paris)
2. ポルト・マイヨー店(95 Boulevard Gouvion-Saint-Cyr 75017 Paris)
3. シャンゼリゼ通り店(63 Av. des Champs-Élysées 75008 Paris)
の3店舗。
このうち、シャンゼリゼ通りのお店に訪れたときの写真を使って、思い出しながら書いていきますね~。


☆ ★ ☆


シャンゼリゼ通りのお店に行ったのは今年1月上旬。



青い暖簾が目印です。(注:店舗によっては緑色です)
店内は明るく、そしてとにかく広くてテーブル席の間隔も適度にあいていて(=ベビーカーでも入りやすいという判断材料になります)騒々しくない程度にガヤガヤしていて(=子ども特有の甲高い声もあまり目立たない)、つまり子連れでもとっても入りやすい雰囲気。
日本のファミレスに近い、と言ったら想像しやすいでしょうか。
店員さんも気さくです。

お店に入って目が合った店員さんに、「ボンジュー!サンク・パーソネル」(Bonjour! Cinq personnes. こんにちは。5人です。)と言うと、テーブル席に通されました。
(このときは大人3人、子ども2人の計5人で訪れました。5をフランス語ではCinq(サンク)と言います)

席につくと、メニューはフランス語か英語どちらがいいか?と聞かれたので、迷わず「アングレ シルブプレ!」(Anglais, s'il vous plaît!)と。フランス語は1年以上経っても苦手なものでw
"英語"はAnglais(アングレ)、"お願いします"(英語で言うところのPlease)はs'il vous plaît(シルブプレ)です。


☆ ★ ☆

さて、出てきたメニュー表を開いてみると…



左から順に、1ページ目が前菜。カラマリなどの揚げ物やサラミがあります。
その右、2ページ目がムール貝です。

2ページ目を拡大しますね。



ムール貝はフランス語ではMouleですが、これは英語のメニューなのでmusselsと書かれています。
いろんな味付けがあるのですが、オーソドックスなムール貝を白ワインで蒸したものは、上の写真の左、上から4番目の"Mussels Marinière"です。
初めてレオンに来て何にしようかな〜と迷われる方は、ぜひこのムール貝の白ワイン蒸し"Mussels Marinière"を試してみてください(^^)
注文した料理の写真は下にまとめて載せますね。

さらに次のページ、3ページ目にはメインとしてステーキや魚料理などがあります。その右、4ページ目にはコースメニューが。コースは全てデザート付きです。



なお、3ページ目左下のほうに書かれているBeef Tartar(ビーフ タルタル)は、ほんっっとに生肉ですので、慣れていない方はご注意を。
また、分かりにくいですが、このページ右下のCold Dishesというところにサラダもあります。
この中のLéon Saladは、生野菜のサラダにムール貝やサーモン、エビなどのシーフードがふんだんに乗っかっていてオススメです。これも注文しました。
また、キッズメニューも4ページ目にあります。8歳未満は8.8ユーロ、12歳未満は12.1ユーロのコースを選ぶことができます。(今回は色々単品で頼んでシェアしたので、キッズメニューやコースメニューは注文せず)


☆ ★ ☆

さてさて、では実際に注文した料理をお見せします。
参考までに、以下の料理は大人3人と子ども2人でシェアしたものです。

まずはこちら!レオンに来たからにはいつも頼んでいるムール貝。
先ほどメニュー表2ページ目のところでご紹介した"Mussels Marinière" ムール貝の白ワイン蒸しです。



これで一人前、18.9ユーロ。
ムール貝一つひとつが大きくて身がプリプリしており、食べ応えがありますよ~♡



そしてサラダはこちら。メニュー表3ページ目の右下。
"Léon Salad" 生野菜の上に蒸したムール貝とエビ、サーモンなどが乗っかっています。これで19.8ユーロ。



また、子どもたちがいるということで、子どもでも食べやすそうなスパゲティも頼みました。これが24.9ユーロ。(注文した中で一番高かった…笑)



それと、これまた子どもが食べやすそうなスターターとしてカラマリ(Calamari)も。
メニュー表1ページ目、"Fried Starters - Traditional"というメニューで、MusselsかCalamariかSmall fishesの中から選べる仕組み。7.2ユーロです。



以上、サラダとムール貝とスパゲティそれぞれ1品ずつとカラマリを大人3人子ども2人でシェア。
ちょっと少ないように思われるかもしれませんが、ポテトも付いてきましたし(ムール貝かスパゲティの付け合わせとして←記憶が曖昧ですが)、さらにフランスパンももちろん無料で付いてきて(足りなくなれば追加してくれます)、ムール貝のワイン蒸しのスープにパンを付けて食べたりすればもうおなかいっぱい!



子どもたちもパクパク食べていました。

参考までに、子どもは3歳と4歳。にしてはかなり食べる子たちです←息子3歳は、以前お昼にお米二合のおにぎりを食べたことあり。
ただしこの日は大人3人のうち私含め2人がちょっと食傷気味だったのもあって、以上のメニューで十分すぎるほどでした。
これに白ワインも合わせて、合計90ユーロちょっと。子どもを0.5人とカウントすれば(大人3人子ども2人を、大人4人とみなして4で割って)大人1人あたり23ユーロくらい。


☆ ★ ☆

会計は、フランスでは(というかヨーロッパ先進国全般に言えることですが)大抵どこのレストランでもクレジットカードが使えます。確実なのはVISA。Master CardもだいたいOK。American Expressは使えないところも結構あります。

またグループで訪れたときに便利なのが、個別会計。
フランスのレストランだと、すーんごいブスッとした態度(笑)の店員さんも多いのですが(でもレオンの店員さんは笑顔で優しかった♡)、個別に会計してほしいという旨を伝えると、きちんと対応してくれます。ほかは素っ気なかったりするのに個別会計はめんどくさがらないのよねー。不思議。

友達などと別々に会計したいときは、「ヌ・ペイヨン・セパレモン」(Nous payons séparément.)って言うと通じます。
主語のNousは私たち、payonsは支払うという動詞、séparémentは別々にという意味です。


ちなみに、ちょっと脱線しますがフランス語って主語によって動詞の形が変わります。慣れるまでが本当にめんどくさい。
たとえば今の「支払う」という動詞ね、原形は"payer"なのですが、主語が一人称(私:Je)、二人称(君:Tu)、三人称(彼・彼女:il / elle)の場合、それぞれ"paye", "payes", "paye"となり、さらに主語が複数形だと、私たち→"payons", あなたたち→"payez", 彼・彼女たち→"payent"となります。

しかもこれ、現在形だけでこの種類だからね。もーヤダ(笑)。
英語の"3単現のS"程度のシンプルさが欲しい…✨💦


で、話を元に戻しますが、個別会計をお願いすると、電卓を持ってきて計算してくれます。
単純に合計金額を人数で割るなり、要望に応じて個々に注文した料理・ワインごとに計算・会計してくれますよ。

会計を済ませてお店を出るときに「オーヴァー」(Au Revoir. さよならの挨拶)と言ったら店員さんが飴を子どもにくれました。挨拶ってやっぱりいいですねー(^^) あっ別に飴が目的なわけではありませんがw


子どもを連れてどこで外食したらいいか悩んでる方がいましたら、ぜひレオンも候補に入れてみてくださいねー✨
ではまた〜!

☆ ★ ☆ ★ ☆

~*~*~*~*~*~
ブログランキング参加しています。それぞれ押してもらえると嬉しいです☆
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ(にほんブログ村に参加しています)
(人気ブログランキングにも参加しています)
(こちらはfc2のランキングです)
~*~*~*~*~*~



関連記事

コメント

非公開コメント