2015/11/24

冷凍食品スーパー『PICARD』の日本食一例

こんにちは、メロトマトです。
今日はパリにいくつもある、PICARDという冷凍食品専門スーパーのメニューを紹介します!

パリで暮らし始めたとき、スーパーに行っても使い方がよく分からない食材に戸惑っていました。
そんなとき、そして今でもお世話になっているのが冷凍食品!
特に、『PICARD』(ピカール)という冷凍食品スーパーは、おすすめです。
野菜や魚の風味、食感、すべてこれが冷凍食品!?とビックリするくらい、質が高いのです。

では、一例をご紹介します。

【枝豆】



写真右上に見える箱。一箱430gのボリュームで売られています。名前もそのまま『Edamame』
Picardの店内、野菜コーナーではなく、Japonコーナーで売られています。(Japonコーナーが無いところではAsianコーナーとして売られていたりもします)

中身はこんなかんじ。



レンジで解凍しても、自然解凍でも食べられます。
口の中に広がる香りは、日本で食べていた枝豆そのもの!食感も全く劣りません。
解凍後、軽く塩をもめば尚良し。
フランス人にも人気だそうです。
よく品切れになるので、見つけ次第、すぐに買うことをオススメします!



上の写真は、フランスの大学『HEC Paris』構内でのfood stalls出店時に、私が提供したメニュー。HEC Parisに通う学生の配偶者で構成されるHEC Partner's Clubが主催して、私も参加したときのものです。
このときは、Onigiri-Setと題して、ボール状のおにぎり4種と枝豆、お新香を付けて販売しました。
HEC Partner's Clubの活動詳細については、こちらをご覧くださいね。


【お寿司】
なんと冷凍食品の品目に、お寿司があります!


12 Sushi Maki Kawai:




こちらはサーモンロールが二つに、ツナやキムチときゅうりなどの各種巻き寿司。ガリとワサビ、醤油、割り箸も付いています。


10 Sushi:




一方こちらは、サーモン握りが3貫にエビ握りが2貫、それとカリフォルニアロール2つ、サーモン巻き2つ、カッパ巻き1つ。同じくガリ、ワサビ、醤油、割り箸付き。

冷凍寿司って、どうやって食べるんだろう。解凍しただけじゃごはんボロボロだろうし、温めればそれはもうすでにお寿司じゃないだろうし。
と思っていたが、とりあえず指示通りに冷蔵庫で4時間おいて解凍。
食べてみたところ、なるほど~、でした。ごはんはどうやら粒の形状が潰されていて、温めなくても食感はもちもち。サーモンやエビの食感も、けっこう良い。魚系は、冷凍サバで感動した通り、やはりPicardで間違いは無いかんじ
ただし、シャリと全然かみ合ってない。明らかに上に乗っけてるだけなので、バラッバラ(笑)。その点、巻物のほうがまだいいかもしれない。

テロ事件から一夜明けたばかりで外に出づらい日に食べたということもあり、なかなか美味しく感じたのですが、まー普通の日にわざわざ食べるものでもないかな、という印象でした。

まだまだ紹介したいメニューはたくさんあります。
今後追記していきますね。

~*~*~*~*~*~
一人でも多くの方に目にしていただき、役立ててもらいたいと思っていますので、ブログランキングに参加しています。
また、私自身の励みにもなりますので、応援よろしくお願いします!
にほんブログ村:フランス情報か海外育児、どちらかのバナーを1日1クリックお願いします。(クリックすると、にほんブログ村のサイトが開きます。お手数おかけします。)
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 <--にほんブログ村「海外育児」カテゴリーでただ今43位です。(1094サイト中)
<--こちらはfc2ランキングです。海外育児ランキングで4位になりました!(642サイト中)こちらも応援お願いします☆
~*~*~*~*~*~



関連記事

コメント

非公開コメント