2016/01/09

パリ16区公園~Jardins du Ranelagh(ラヌラグ公園)~

こんにちは、メロントマトです!
今回はパリ16区の中で一番おすすめの公園をご紹介します。
パリ屈指の高級住宅街Passy地区やマルモッタン美術館が近くにあるので、観光客も寄れる立地ですよ。


~*~*~*~*~*~
一人でも多くの方に目にしていただき、役立ててもらいたいと思っていますので、ブログランキングに参加しています。
また、私自身の励みにもなりますので、応援よろしくお願いします!
にほんブログ村:フランス情報か海外育児、どちらかのバナーを1日1クリックお願いします。(クリックすると、にほんブログ村のサイトが開きます。お手数おかけします。)
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ
にほんブログ村
<--こちらはfc2ランキングです。こちらも1日1クリック応援お願いします☆
~*~*~*~*~*~



【Jardins du Ranelagh(ラヌラグ公園)の概要】
ラヌラグ公園は日本人も多く住むパリ16区の中にあります。
6.5haという広さは、16区内では2番目に大きい公園です。が、1番目に大きな公園「Jardin du Trocadero」は観光スポットであるシャイヨー宮前の緑地帯(遊具は無い)なので、市民の憩いの場としてはラヌラグ公園が16区内で実質最大の公園となります。

ラヌラグ公園の隣には、通りを挟んでマルモッタン美術館があり、観光客もちらほら見かけます。また、高級住宅街として知られるPassy地区もこの近くです。

三角の形をしている大きな公園の中には芝生が広がり、3つの遊具エリア、健康器具や卓球台などが置いてあるエリア、カルーセル(メリーゴーランド)などがあります。
また、子どもが馬に乗ることもできます(おそらく休日のみ)。

平日、午前中は比較的空いていますが、午後15時を過ぎると幼稚園帰りの子どもたちとその親やベビーシッターで遊具エリアはいっぱいになります。
また休日は多くの家族連れで賑わっています。

犬&馬の糞にはご注意を!



【芝生】
広いです!

IMG_2299 - コピー

IMG_2298 - コピー

写真のように、大人が寝転がってゆったーりと過ごすのも良し、子どもがサッカーするのも良し。
のんびりとした時間が流れています。



【遊具エリア】
公園の南西側にある遊具エリアはこんなかんじ。



場所はココ。


滑り台や縄ばしごなど様々な遊具が一体となった、大きな複合遊具が二つあります。





シーソーとか小型の遊具もあります。



そしてなんと、見て分かる通り遊具の下の地面が砂場になっているんです。柔らかいし、あちらこちら遊び放題だし、一石二鳥か。


また、このエリアの西側に、有料のカゴ型ブランコ(?)があります。



このあたりね。


写真の通り、カゴに乗って大きく揺らすものです。たしか5分か10分で1€か2€だったような(かなり曖昧)。



ただし、平日の午前中や午後の早い時間など、人が少ないときはやっていないときもあります。


また、上述の遊具エリアの隣には、小さい子向け(2歳以下)の遊具エリアがあります。

さらに北東に行った先にも遊具エリアがあります。

IMG_5002.jpg

ここは木がたくさんあるので、夏は木陰で遊べるのがいいですね。
親も木陰のベンチで休憩できます(笑)。



【健康器具・卓球台】
面白いことに、健康器具があるんです!
上でご紹介した遊具エリアよりも北側。
椅子に座って自重で腕を鍛える器具や、腕を回したり足を伸ばしたりといったストレッチ用のものなどがあります。

IMG_2297 - コピー

また卓球台もあります。
何故かパリの公園には卓球台が多いです。
ラケットとボールを持って来ればいつでもできますよ~



【乗馬】
Ranelagh公園の特徴は、何と言っても子どもが馬に乗れることです。

IMG_2363 - コピー

ただし土日限定です。
一回2€です。
一度に乗れる人数が多く回転が早いので、10分も待つことはないと思います。

ちなみにほかに乗馬ができる公園は、
・アクリマタシオン公園(パリ郊外ブローニュの森、北側)
・ルクサンブルグ公園(パリ15区)
があります。
詳しくは別途投稿した記事コチラをご覧ください。
子連れでパリを楽しむ~アクリマタシオン公園~
6区公園~Jardin du Luxembourg(ルクサンブルグ公園)



【カルーセル】
人力で動かすメリーゴーランドが、ちょっと離れたところにあります。



場所はココ。


チケット1枚1.8€ですが、複数割引で4枚6€、10枚12€、18枚20€です。
1回1€以下で乗ることができるのは他では見かけたことがないので(実際はあるかもしれませんが)、重宝しているカルーセルです。



【トイレ】
公園内にあります。
一番最初に紹介した遊具エリアの中。



紙もあり、公共のトイレとしてはキレイなほうだと思います。
おむつ替え台はありませんでした。



【注意点】
ただし、一つだけ注意点が。
ここは犬を連れてOKの公園なので、糞があることも。
芝生にもときどき…
シートを敷くとき、ボール遊びをするときなどは周りをよくチェックしてください!!
経験上、遊具から遠いほう(健康器具寄り)が割合綺麗なことが多いです。



【アクセス】
住所:1 Avenue Prudhon 75016 Paris

バス:
32番La Muette - Boulainvilliers目の前
PC1 Porte de PassyもしくはPorte de la Muetteから徒歩3分
メトロ:
9番線Ranelaghから徒歩5分



【周辺情報】
・パリ16区高級住宅街で有名なPassy地区が徒歩圏内。
・公園の隣には、マルモッタン美術館があります。観光客も寄れる立地の公園です。
・バスPC1 Porte de la Muetteの近くには期間限定(6月~10月)の遊園地があります。
・最寄り駅メトロ9番線Ranelaghの隣駅Jasminのすくそばに、日本人が作っている日本食のお弁当屋『七菜や』 さんがあります。
詳しくはコチラ→パリ日本食お惣菜屋「七菜や」(NANAYA)
私はここで毎回から揚げを購入してから公園に行ってピクニックしています。






関連記事

コメント

非公開コメント