2016/01/20

パリでの自炊例~もち米ないけど作ってみたよ!きな粉おはぎ♡(風ミニおにぎり)~

こんにちは、メロントマトです!
フランスのお正月といえば「ガレッド・デ・ロワ」ですが、日本食大好きの私としては日本のお正月気分を味わいたくなり、きな粉おはぎ(風ミニおにぎり)を作りました♡
もち米が無くても切り餅(パリで売ってる)を使えば、おはぎっぽいものが作れますよー☆


【用意するもの・入手先】
用意したのはコレ。きな粉と切り餅。


あと写真には載ってないけれど当然ながらお米も。お米は、もち米ではなくふつうのお米。
それと、砂糖、塩。

*きな粉*
きな粉は、去年11月末にパリ・エッフェル塔の近くで開催された「日本雑貨市」で手に入れました。
詳しくはこちらを→ パリで年に一度の日本雑貨市
このときは300gで13.1€でした。
残念ながら日本雑貨市以外で日本食材を取り扱うスーパー等で見かけたことはありません。
もしあれば、また情報アップしますねー。

*切り餅*
切り餅は、今回は幸運にも同じくパリで暮らしている日本人のお友達にいただきました✨
ちなみにお餅はパリで買うことができます!
・16区にある「七菜や」:サトウの切り餅400g 10.3€(詳しくはこちら→ パリ日本食お惣菜や「七菜や」(NANAYA)
・15区にあるEuro-Mart:サトウの切り餅400g 6.5€(詳しくはこちら→ 15区日本食材が入手可能なお店「Euro-Mart」
上記以外にも、京子やHi-Mart, K-Mart等で売っているかもしれません。

*お米*
日本産の日本米ブランドが入手できるのは、
七菜や: コシヒカリ5kg 29€(但し、メインはお弁当・お惣菜屋さんなので、いつもコシヒカリが置いてあるとは限らない。)
Euro-Mart: あきたこまち5kg 34€
ここ以外にも京子やK-Martなどで売られているはずですが、価格は分かりません…。


【きな粉おはぎ(風)の作り方】
米を研いで鍋・もしくは炊飯器に入れ水に浸し、最後に上に小さく切った切り餅を乗せます。



今回は、お米2合に対して切り餅2個の比率にしました。これで一口サイズのおはぎが約50個できます!
水は、餅を無視してお米の量に合わせてください。
火加減は、いつもの炊き方通りに。

炊きあがった写真がこちら。(鍋で炊いたとき)



これをスプーンでざっくりかき混ぜていくと、



まるでもち米のようなもっちり感に♡


ちなみに炊飯器で炊くと、こんなかんじ。





炊飯器のほうがラクに混ざります。


さて、切り餅とご飯が十分混ざったところで、ラップで小さく丸めていきます。



それらを、きな粉2+砂糖1+塩一つまみ混ぜたものにまぶしていけば、



完成~!!


(写真左奥は手作り鮭フレークのおにぎり。詳しくはこちら→パリでの自炊例~鮭フレークも作れるよ!おにぎり編~


というわけで、フランスのお正月といえば「ガレッド・デ・ロワ」ですが、日本のお正月気分も味わいたかったので、もち米が無い中おはぎもどきを作ってみました♪
友人宅でのホームパーティーに持っていきましたが、時間が経つとせっかくのきな粉が湿気てくるので、きな粉も後付け用に別パックで持っていって大正解でした✨✨

ではまた~!


~*~*~*~*~*~
ブログランキング参加しています。それぞれ押してもらえると嬉しいです☆
(人気ブログランキングに参加しています)
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ(にほんブログ村にも登録していますので、こちらもよろしくお願いします)
(こちらはfc2のランキングです)
~*~*~*~*~*~




関連記事

コメント

非公開コメント