2016/01/25

フランス人おすすめの紳士靴ブランド「J.M. WESTON」

革靴と言えば伝統のイギリス。デザインならイタリア。
ですが、フランスも良いんです!!イギリスとイタリアのいいとこどり✨✨(夫からの受け売りですが)。

ということで、今回はフランスの紳士靴ブランド「J.M. WESTON」をご紹介します。


【フランスの革靴の特徴】
これは完全に夫からの受け売りということを最初に断っておきますが・・・

・イギリス
革靴と言えば、伝統はイギリス。
とにかく頑丈で履きやすさにこだわっている。

・スペイン
このイギリスを真似ているのが、スペイン。
イギリス靴よりも安めなので、めちゃくちゃ高いイギリス靴に手をのばす前に買ってみるのもあり。
ちなみに実際にスペインで見てみたら、夫曰く、確かに安めで革も良いが、デザインはボテッとしていて微妙、とのこと。
(もちろん好き好きなので、人によってはデザイン良いという方もいるとは思います。)

・イタリア
美学重視。おしゃれなんだけど、オシャレすぎてフォーマルには向かない、という場合もある(もちろんまじめな靴もあるが、傾向として)。

で、フランスはこれらのいいとこどりらしい。
頑丈で履き心地が良くて、デザイン性もある。だけどフォーマル。

というわけで、せっかくパリに住んでいますし、フランス人おすすめのブランド「J.M. WESTON」に行ってきました。
ちょうどパリは冬のSOLDES中でして、パリ市内の多くの店舗が一斉にセールを開催しています。このときとばかりにフランスの子ども服「Petit Bateau」などにも寄りつつ…♡
(SOLDESについて詳しくはこちらの記事で→パリの冬のセール・ソルド(SOLDES)


【J.M. WESTONの概要】
J.M. WESTONは19世紀後半に誕生したフランスの紳士靴のブランド。

知り合いのフランス人曰く、質・デザインともに素晴らしいブランドだそうです。
高いですよ。400€台からありますが、一足1000€くらいしちゃうものもあります。

パリ市内には1区、6区、16区など中心部に近いところに5店舗あります。


私が今回行ったのは、この中のシャンゼリゼ通り沿いのお店。



114 Av. des Champs-Élysées 75008 Paris



今パリ市内の多くのお店はSOLDESで一斉にセール中ですが、残念ながらこちらのブランドはセールやっていません。
でも、行く価値ありますよー。本当に良い靴がたくさんあります!!

夫が試着中、私と子どもは・・・


フランスなのにサービスめちゃくちゃ良かったですよ(笑)。
コーヒーとジュース、ものすごく早く出てきました。

そしてこの店舗にサイズが無かった靴は、すぐに別の店舗から取ってきてくれました。

いや、このようなことは特筆すべきもないことかもしれませんが、でもでも、普段の生活でフランス流サービスに慣れていた私にとっては、めっちゃくちゃサービス良い!!と思ってしまいました。


そして今回購入した靴がこちら。


J.M. Westonの中では比較的安めの600€くらい。
でもとっても品があって好きです。

ちなみに比較のために全く別のブランド靴の写真を載せると

これは270€くらいだったかな。

これはこれで素敵!と思っていたのですが(写真は一回履いてしまったものですごめんなさい)、こうして比べてみると断然J.M. Westonのほうが素敵ですね♡♡(ゲンキンすぎ…笑)

~*~*~*~*~*~
ブログランキング参加しています。それぞれ押してもらえると嬉しいです☆
(人気ブログランキングに参加しています)
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ(にほんブログ村にも登録していますので、こちらもよろしくお願いします)
(こちらはfc2のランキングです)
~*~*~*~*~*~




関連記事

コメント

非公開コメント

J.M. WESTON、やはりいいのですね!

J.M. WESTON、デザインが素敵なのはもちろんですが、革がとても良いというので一度は履いてみたいと思っております。
ただ、日本人の間では、革が足に馴染むまでの期間が本当に修行のようだと言われているので、躊躇してしまっています。
でも、やはり履いてみようと思いました!