2015/09/25

パリの水道水(硬水)を飲み水・料理に使うにはBRITAがオススメ!

パリの水道水は、言わずもがな硬水です。
石灰が多く含まれているので、そのまま飲むには抵抗ありますし、湯沸かし器も壊れてしまうほど!!

そこで家の中での飲み水や料理に使える便利なろ過装置『BRITA』(ブリタ)を紹介します。




当初は軟水のペットボトル(Volvic)を買っていましたが、重い、すぐ無くなる、Amazon.frは高い…
で、今利用しているのが『BRITA』。

【BRITAの仕組み】

IMG_4856.jpg

水道水をろ過して、そのまま飲めるし料理にも使えまーす♡

写真上がカートリッジ。
一個で一ヶ月もつので、6個入りを買えば半年安泰です。

写真右下が本体。
ちょっと見にくいですが、この中にカートリッジを入れて上から水道水を注ぎ、ろ過された水が下に出てくる仕組みです。

写真左下はカートリッジ交換目安のメモリですが、使用頻度には依らず、単に1ヶ月という時間カウントのみです。

【注意点】
・常識的なことではありますが、購入後、使用開始前に一度本体を洗浄する必要があります。
・新しいカートリッジを使用する際には、本体にカートリッジを設置後、2回水道水を入れてろ過後に捨てます。

【使用した感想】
最初、水道水を飲むのに抵抗ありましたが、まぁまぁの味。
むしろ硬水のペットボトルよりおいしい。

ろ過のスピードは速いので、2個買う必要はありません。
料理や飲み水としてどんどん使っても、無くなったらまた水道水を入れて、すぐにろ過されるので、大して待たずに済みます。

本体はときどき洗っていますが、口が広く凹凸も少ないため、非常に洗いやすく清潔に保てます。

【購入場所】
実際私が売られているのを見たことがあるのは以下の場所:
・パリ16区Auteuil近くにある大きなCarrefour(フランスのメジャーなスーパー)
1 Avenue du Général Sarrail 75016 Paris

・パリ13区Tolbiac近くの中国系スーパーParis Store
44 Avenue d'Ivry 75013 Paris

・パリ郊外ショッピングセンターSo Ouest(ソーウエスト)一階のスーパーE.Leclerc
31 Rue d'Alsace, 92300 Levallois-Perret

これらに限らず、大きめのスーパーで売られていると思います。
ちなみに上述したスーパーは、今後詳細をブログにアップする予定です。
投稿次第、リンク貼ります。


【お値段】
私が購入したときは、本体25€(incl.カートリッジ1)、カートリッジ6個入り20€でした。
これより安いときもあるようですが、目安のために載せておきますね~。




~*~*~*~*~*~
ブログランキング参加しています。それぞれ押してもらえると嬉しいです☆
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ(にほんブログ村に参加しています)
(人気ブログランキングにも参加しています)
(こちらはfc2のランキングです)
~*~*~*~*~*~



関連記事

コメント

非公開コメント